遺留分額(いりゅうぶんがく)

兄弟姉妹以外の相続人には法律上最低限の取り分が保障されており,それを遺留分といいますが,遺留分の具体的な額は,法律で決まっている遺留分の算定の基礎となる財産額に,各相続人の遺留分の割合を掛けて計算します。計算式は以下のとおりです。

遺留分算定の基礎となる財産額(相続開始時に被相続人が有していた財産の価格+被相続人が贈与した財産の価格-相続債務全額)×遺留分の割合

※遺留分の割合とは
直径尊属のみが相続人であるときは,被相続人の財産の1/3
その他の場合には,1/2
ただし,共同相続の場合には,各相続人の法定相続分の割合を掛けます。