遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)

遺留分を侵害する贈与や遺贈があったときに,遺留分権利者(及びその承継人)が,自分の遺留分を充たす範囲内で,手元にない財産の返還を請求し,手元にある財産に対する請求を拒否する権利のことです。遺留分減殺請求権は,形成権といって,遺留分権利者が行使する意思表示をすることによって初めて効力が生じます。なお,遺留分減殺請求権は,遺留分権利者が,相続開始の事実と,減殺請求できる贈与や遺贈があったことを知ったときから1年で消滅時効にかかります。また,相続開始のときから10年が経過すると,行使できる権利が消滅します。