遺留分権利者(いりゅうぶんけんりしゃ)

遺留分減殺請求をすることができる権利をもっている人のことです。兄弟姉妹以外の法定相続人がこれにあたります。つまり,配偶者相続人,子の相続人,直系尊属の相続人です。兄弟姉妹の遺産はあてにすべきでない(その必要性も低い)というところから,兄弟姉妹に遺留分は認められていません。すべての法定相続人が遺留分減殺請求権を持っているわけではないことに注意する必要があります。