遺留分放棄(いりゅうぶんほうき)

遺留分減殺請求権を行使する権利を,いらないとして,放棄することです。兄弟姉妹以外の法定相続人が持っている最低の取り分である遺留分は,放棄することができます。相続開始後に遺留分を放棄することは自由にできます。一方相続開始前に遺留分を放棄するには,家庭裁判所の許可を得なければいけません。なお,遺留分を放棄しても,相続人であることに相違ないので,相続関係から完全に離れるには,相続の開始後,別に相続放棄をする必要があります。相続放棄を先にすれば,法定相続人ではなくなるので,当然に,遺留分も失います。