姻族(いんぞく)

民法上,自己の配偶者の血族と,自己の血族の配偶者を姻族といいます。婚姻関係から生じる法律関係のことで,三親等内の姻族は,親族となると定められています(親族とは,六親等内の血族,三親等内の姻族,そして配偶者のことです)。姻族関係は,婚姻によって当然に生じ,また離婚によって当然に消滅しますが,配偶者が死亡しただけでは姻族関係は消滅しません。この場合姻族関係を終了するには,姻族関係終了の意思表示をする必要があります。