任意後見受任者(にんいこうけんじゅにんしゃ)

任意後見受任者とは,任意後見契約にもとづいて,公正証書にて,本人との間で任意後見契約を締結し,将来委任者が判断能力を失った際に委任者の財産管理等を行うと予定されている人のことです。

任意後見契約は委任者が判断能力を喪失した際の財産管理人や管理内容を定めるものであって,契約締結により直ちに契約の効力が生じるものではありません。任意後見契約の効力が生じるのは,その後委任者が判断能力を失い,申立てによって家庭裁判所が任意後見監督人選任の審判をした後です。任意後見監督人というチェック機関が設置されると同時に任意後見契約の効力が生じ,任意後見契約による財産管理がスタートします。それまでは待機状態です。

任意後見受任者とは,任意後見契約締結後,契約の効力が生じるまでの間の受任者の呼称です。任意後見受任者は,任意後見契約の効力が生じた後,任意後見人となります。契約の効力発生を機に,任意後見受任者から任意後見人になるのです。