認知準正(にんちじゅんせい)

認知準正とは,認知を受けていない婚外子が,父母の婚姻後に,父親によって認知され,その時から嫡出子の身分を取得することをいいます。

認知とは,父が子を自分の子供であると認めることです。準正とは,非嫡出子が嫡出子の身分を取得することです。よって認知準正とは,未認知の非嫡出子の父母が婚姻をしてその後に父がこの子を認知したことにより子が嫡出子の地位を得ることを意味します。

非嫡出子が嫡出子となる準正には,この認知準正のほか,婚姻準正があります。婚姻準正とは,父により認知されている婚外子がある場合において,その後父母が婚姻し,これと同時に子が嫡出子の身分を得ることです。