年金受給権者死亡届(ねんきんじゅきゅうけんしゃしぼうとどけ)

簡単にいえば,年金の受給者が死亡したときに年金を止めるために提出する書類のことです。国民年金だけをもらっている人は市町村役場にこの書類を提出します。厚生年金をもらっている人は年金事務所に書類を提出します。共済年金をもらっている人は所属の共済組合に書類を提出します。

なお,年金は偶数月の15日に後払いでもらっていますので,通常いつ死亡しても端数の未支給年金が生じます。この未支給年金を請求するには,年金受給権者死亡届に加えて未支給年金請求書を提出しなければいけません。これを提出しないと見支給年金はもらえませんので注意してください。