配偶者控除の特例(はいぐうしゃこうじょのとくれい)

「夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除」,いわゆる配偶者控除の特例とは,婚姻期間20年以上の夫婦間において,居住用の不動産又は居住用の不動産を取得するための金銭について,2000万円まで(年間110万円の基礎控除と併用可能)贈与税がかからないで生前贈与することができる制度です。この制度の適用を受けるためには,次の要件を満たしていなければなりません。

  1. 婚姻期間が20年経過しており,その後に贈与したこと
  2. 贈与を受ける不動産は居住用であること(又は贈与を受けた金銭はそれ用の金銭であること)
  3. 贈与契約の翌年3月15日(申告期限)までにその不動産に住んでおり,かつ引き続き住む予定であること
  4. 贈与契約の翌年に必要書類を添付して贈与税の確定申告を行うこと