配偶者の税額軽減(はいぐうしゃのぜいがくけいげん)

相続税の税額控除の一つで,配偶者相続人が,法定相続や遺産分割によってじっさいに取得した財産についての相続税を大幅に軽減することができる制度です。配偶者の税額軽減の制度を利用して税額控除を受けると,以下に記載した金額のいずれか大きい金額に対応する取得分まで相続税はかかりません。

  • 1億6000万円
  • 配偶者の法定相続分相当額

なお,この税額軽減の適用を受けるには相続税の申告が必須です。何もしなければ適用を受けられませんのでご注意ください。