廃除(はいじょ)

廃除(推定相続人廃除・相続廃除)とは,自己が死亡して相続が開始した場合に法定相続人となる人を,相続人から除外して相続権をはく奪する民法上の制度です。廃除の手続きは,家庭裁判所に対する廃除審判の申立てにより行います。家庭裁判所は,民法が定める以下の廃除理由があるか等の事情を検討し,廃除を認めるかどうかを判断します。

  1. 被相続人を虐待した
  2. 被相続人に重大な侮辱を与えた
  3. その他,推定相続人が著しい非行をした

生前に廃除をするには,本人が家庭裁判所に対して廃除審判を申し立てます。死後に廃除をすることもできます。民法では,遺言者が,遺言で廃除をすることを認めているからです。この場合,遺言が効力を生じた後,遺言執行者が遺言書を持って家庭裁判所に廃除審判を申し立てます。

相続廃除がなされると,推定相続人は相続人の地位を失い,その相続権を奪われます。つまり当該被相続人の相続に係る相続人ではなくなりますから,当然に遺留分も失うことになります。