倍率方式(ばいりつほうしき)

相続税を計算するための宅地の財産評価方法の一つです。相続税は,相続又は遺贈によって取得した財産に課税される税金です。なので,相続した財産をどのように財産評価するのか定まっていなければいけません。そこで,国税庁が財産評価基本通達という通達を出して,各種の財産についてその評価方法の基準を示しています。相続財産のうち,宅地については,以下のいずれかの方法により評価します。

  • 路線価方式
  • 倍率方式

路線価方式とは,全国の市街地について,宅地が面している道路に国税庁が価格をつけ,これをもとにその面している宅地の評価額を計算する方式です。しかし,田舎のほうはこの路線価が設定されていません。路線価のない宅地については,その土地の固定資産税評価額に,同じく国税庁が定めた係数(倍率)を掛けあわせて,土地の相続税評価額を算出します。この係数(倍率)は,地域ごとに,倍率表という表にまとめて記載されています。

なお,路線価も,倍率(表)も,国税庁のホームページで確認することができます。