非課税財産(ひかぜいざいさん)

相続税の非課税財産について説明します。相続税は,相続人が,相続又は遺贈によって取得した財産に対して課税される税金です。しかし,相続税法において,一定の財産については非課税の取扱いを受けます。これが相続税の非課税財産です。相続税の非課税財産は以下のとおりです。

  • 墓地、仏壇、祭具などの祭祀用財産
  • 国・地方公共団体、特定の公益法人に寄附した財産
  • 生命保険金のうち、法定相続人の数 × 500万円に相当する額
  • 死亡退職金のうち、法定相続人の数 × 500万円に相当する額
  • 相続税の申告期限までに,国・地方公共団体・特定の公益法人などに寄付した財産
  • 心身障害者扶養共済制度にもとづく給付金の受給
  • 個人で経営している幼稚園の事業に使われていた財産で一定の要件を満たすもの
    など