非嫡出子(ひちゃくしゅつし)

非嫡出子とは,文字どおり,嫡出子でない子のことです。対立概念は嫡出子です。嫡出子とは,両親の婚姻によって生まれた子供のことです。法律上の,正規の婚姻関係から生まれた子です。なので,非嫡出子は,両親の婚姻関係から生まれたのではない子供のことを指します。「婚外子」というのも同じ意味です。

非嫡出子には,父親によって認知された嫡出子と,認知されていない非嫡出子があります。母子の関係は出産の事実によって明らかなので,この間に当然に親子関係が認められます。しかし父子の関係はそうはいかず,父親の認知がないと父子間に法律上の親子関係が成立しません。なので,例えば父親の遺産相続に関し,非嫡出子が認知されているのか認知されていないのかは重要な事実となります。