筆頭者(ひっとうしゃ)

筆頭者とは,戸籍法上の概念であり,「戸籍の筆頭に記載した者」,つまり戸籍簿の一番最初に記載されている人をいいます。現在の戸籍は,夫婦及びこれと氏を同じくする子の単位で作られます。戸籍の筆頭者は,一般的に,本人が婚姻をしている場合は夫婦のどちらかであり,本人が未婚の場合は両親のどちらかになります。法律上,人が婚姻をする際,夫又は妻の氏を選んで名乗ります。婚姻は,市町村役場に婚姻届を提出して行いますが,これにともない本籍地の役場で新しい戸籍が作られます。新しい戸籍の筆頭者は,選択した氏を従来から持つ婚姻当事者になります。

戸籍の筆頭者と間違いやすい言葉に,「世帯主」があります。世帯主は,住民基本台帳法上の概念です。市町村役場は,管内の住民につき,個人単位の住民票を作成し,かつ居住と生計を同じくする世帯ごとに住民票を集めて,住民基本台帳を作成します。個々の住民票には世帯主(世帯の代表者)の表示をします。すなわち,世帯主の住民票には世帯主である旨が記載されます。また世帯主でない人の住民票には世帯主の氏名及び世帯主との続柄(関係性)が記載されます。

筆頭者は戸籍法の言葉,世帯主は住民基本台帳法の言葉であり,それぞれ明確に意味が異なりますからご注意ください。