秘密証書遺言(ひみつしょうしょいごん)

秘密証書遺言とは,民法に定められた三つある普通方式の遺言のうちの一類型です。秘密という文字が示すとおり,遺言書の本文を封書にして秘密にする遺言です。
普通方式の遺言)

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

秘密証書遺言の作り方は次の条文に書いてあるとおりです。見たとおり複雑で,公証人も関与させなければならず手間なので,ほとんど使われていません。よほど秘密を守りたい要求がない限り使用されません。

(秘密証書遺言)
第970条 秘密証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
一 遺言者が、その証書に署名し、印を押すこと。
二 遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章をもってこれに封印すること。
三 遺言者が、公証人1人及び証人2人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述すること。
四 公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。