費用現価(ひようげんか)

建物の建築費の総額に相続が開始する時までの工事の進捗割合を掛けて算出した値です。例えば建築費総額が3000万円で,進捗率が半分だとすると,費用現価は1500万円になります(3000万円*0.5=1500万円)

この費用現価は,相続税の財産評価のうち家屋の評価,しかも建築中の家屋の財産評価のために用いられます。建築途中の家屋の相続税評価は,費用現価の七掛けで評価します。

建築途中の家屋の評価額=費用現価の額*70%

なお,相続税の財産評価の方法等を定める国税庁の財産評価基本通達では,費用現価を,「課税時期(相続の場合は被相続人の死亡の日、贈与の場合は贈与により財産を取得した日)までに建物に投下された建築費用の額を課税時期の価額に引き直した額の合計額」のことと定義しています。