表見相続人(ひょうけんそうぞくにん)

本当は相続人ではないのに,「自分は相続人である」と信じて相続財産を占有している者のことです。そんなことがあるのか?と思われるかもしれませんが,このような人が表見相続人になり得ます。

  • 相続欠格に該当しているがこれを争っている人
  • 被相続人に相続人廃除されているがこれを争っている人
  • 出生届が無効である場合の戸籍上の子
  • 縁組届が無効である場合の戸籍上の養子
  • 認知届が無効である場合の戸籍上の子
    など

真実の相続人は,表見相続人に対して,自己の相続権を主張して,相続財産の返還を請求することができます。この請求権のことを相続回復請求権と呼びます。相続回復請求権は,相続権が侵害されている事実を知った時から5年内かつ相続開始のときから20年内に行使しなければ消滅時効にかかります。相続財産の帰属を確定し,法律関係を早期に安定させるためです。