表見嫡出子(ひょうけんちゃくしゅつし)

嫡出子とは父母の婚姻関係から生まれた子のことです。民法は772条の規定をおいて,次のような子供は嫡出子であると推定しています。

  • 妻が婚姻中に妊娠した子
  • 入籍してから200日経過後に生まれた子
  • 籍を抜いてから300日以内に生まれた子

(嫡出の推定)
民法772条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2  婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

ところが,一見この法律の要件に当てはまっているように見えながら,実はこの推定を及ぼす前提条件を欠いているケースがあります。例えば夫がずっと刑務所に入っていたり,海外に出張に出ていて,男女間の性行為の可能性がない場合です。こういう場合に,法律の規定による推定を及ぼすことが妥当でないのは明らかです。

このときの子のことを,「推定の及ばない子」又は「表見嫡出子」と呼びます。あくまで形式的には嫡出子としての推定が及んでいるように見えながら,実質的には推定が及んでいない子という意味です。