負担付死因贈与(ふたんつきしいんぞうよ)

まず,死因贈与とは何かを説明します。死因贈与とは,贈与者の死亡を不確定期限(又は停止条件)として効力を生じる贈与契約のことです。簡単にいうと,「俺が死んだらこの不動産をあげる」というような贈与の約束のことです。負担付死因贈与とは,この贈与契約に負担が付いているものです。負担とは,受遺者に課された負担です。「俺が死んだら,この不動産を贈与する。ただし,○○すること」というような契約です。もう少し正確にいうなら,「受贈者に一定の給付をする義務を負担させる死因贈与契約のこと」と説明できます。

なお,贈与の本体と負担とは,本来対価関係にたつものではありません。完全に対価関係になるなら,贈与契約とは言えないからです。もっとも,負担の限度においては,贈与と負担は対価関係にあると言えます。なので,民法は,この負担の限度において,有償契約に準じた取扱いをする旨規定しています。つまり,負担の限度で,贈与者は目的物の担保責任を負います。また同時履行の抗弁権や危険負担など,双務契約に関する規定を準用して適用します。