墳墓(ふんぼ)

墳墓とは端的にいうとお墓のことです。もう少し詳しくいうと,死体・遺骨・遺品などを葬った場所や構造物のことです。墓地,墓石等に直接関係し,所有権の対象となる物一般を含むと考えられます。

この墳墓の所有権は,一般の相続財産に含まれません。祭祀財産は,所有権の対象になる物(ぶつ)であるものの,祭祀や宗教そのものと密接にかかわる物であり財産なので,祭祀や宗教を継ぐ者に,これも併せて引き継がせるのが正しいからです。

なお,一般の相続財産には含まれませんが,承継の必要性はありますから,民法が,その承継に関して特別の規定を置いています。ルールは次のとおりです。

  1. 遺言によって祭祀を継ぐ者が指定されていれば,その者が,祭祀財産も継ぐ。
  2. 慣習によって祭祀を継ぐ者が,祭祀財産も継ぐ。
  3. 慣習によって祭祀を継ぐ者が定まらないときは,家庭裁判所が決める。

(祭祀に関する権利の承継)
民法897条 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。