併用方式(へいようほうしき)

併用方式とは,取引相場のない株式のうち中会社の株式の財産評価に原則として用いられる計算方法です。同じく取引相場のない株式のうち,大会社の株式の財産評価に用いられる類似業種比準方式と,小会社の評価に用いられる純資産価額方式を併用して財産評価をする方法です。

なお,大会社,中会社及び小会社の区分の詳細は,国税庁の財産評価基本通達178に定めれています。