包括受遺者(ほうかつじゅいしゃ)

相続財産の全部又はその割合的一部の遺贈を受けた者のことです。遺言者は,遺言で,自己の財産を他人に与えることができます。これを遺贈といいます。遺贈の仕方にはいろいろありますが,「財産の全部を遺贈する」とか,「財産の1/3を遺贈する」とかいう形で遺贈をした場合,法律的にはこれを包括遺贈といい,包括遺贈によって受遺者となる者を包括受遺者と呼ぶのです。

なお,包括受遺者は,法律上,相続人と同一の権利義務を有します。例えば以下のようなことです。

  • 遺産分割協議に参加すること
  • マイナス財産(負債)を相続すること
  • 遺贈の放棄をするには,相続放棄と同様,3か月内に家庭裁判所に申述を要すること
    など

ただし,以下の例外があるので,注意が必要です。

  • 代襲相続の被代襲者とならない(受遺者が先死亡の場合,原則として遺贈は効力を失う)。
  • 包括受遺者には遺留分がない。
  • 死亡保険金の受取人が「相続人」と指定されている場合の相続人には含まれない。
  • 法人であっても包括受遺者になれる(本来相続人は自然人のみ)。