法定血族(ほうていけつぞく)

法律の規定(仕組み)によって形成された血族関係のことです。血族は,自然血族と法定血族に分けられます。自然血族とは文字どおり生理的に血筋のつながっている血族関係であり,対して法定血族とは法律上の制度の適用によって血筋のつながっている血族関係です。

現在の法律(民法)において法定血族関係を生じさせるのは養子縁組のみです。養子縁組をすると,養親と養子は法律上の親子関係となり,この者の間に法定血族関係が生じます。