法定後見人(ほうていこうけんにん)

「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者」のために,民法に定められた一定の範囲の者の申立てにより,家庭裁判所によって選ばれる法定代理人です。精神上の障害により判断能力がなくなった人は,自分で自分の財産管理や法律行為ができませんから,この者を保護するために家庭裁判所が関与して,保護者となる代理人を選任するのです。

この場合に保護されるべき本人のことを成年被後見人,保護者となる法定代理人を成年後見人といいます。成年後見人は,前述のとおり,本人に代わって,本人の財産管理や法律行為を行います。