保管振替制度(ほかんふりかえせいど)

保管振替制度とは,従来,紙の株券のやりとりを前提として行われてきた株主の権利の発生,変更,消滅の仕組みを廃止して,証券会社等の口座内の電子的処理で取引を完了できるようにする制度です。保管振替制度は,「社債,株式等の振替に関する法律」にもとづいて実施されます。

なお,この法律によれば,株式や社債の保管振替業を営むことができるのは,財務大事の指定を受けた「振替機関」であるところ,現在この指定を受けているのは,株式会社証券保管振替機構のみです。また,振替業の実務は,振替機関の下位組織である,「口座管理機関」が行いますが,口座管理機関とは,皆様が取引をしている証券会社等のことです。