保佐監督人(ほさかんとくにん)

成年後見制度の一類型である保佐制度の中で,保佐人を監督する仕事をするために家庭裁判所によって選任される人を保佐監督人といいます。保佐人も家庭裁判所によって選任された人ですが,家庭裁判所は,保佐人のみでは被保佐人のサポートに不十分であと考えるとき,独自の判断により,これを監督する保佐監督人を選任することができます。

ちなみに保佐制度とは,家庭裁判所の関与のもと,判断能力の著しく不十分な成人の方の財産管理や法律行為をサポートする制度です。家庭裁判所は保佐人や保佐監督人を選任してこの任務にあたらせます。なお,判断能力が完全に欠如した常態にある方のためには法定後見制度が,判断能力が不十分な人のためには補助制度が,それぞれ用意されています。