補助監督人(ほじょかんとくにん)

被補助者の財産管理や法律行為のサポートを行う補助人を監督する人のことです。補助人も,補助監督人も,家庭裁判所の審判によって選ばれます。補助人だけではなく,補助監督人まで選任するかどうかは家庭裁判所が事案に応じて決めます。

なお,判断能力の不十分な人の財産管理等をする成年後見制度には,法定後見,保佐,補助という三つの類型があります。本人の判断能力が残っている程度に応じて,サポートする人の法定権限に強弱をつけているのです。可能な限り本人が自分で財産管理や法律行為を行うのが理想だからです。補助制度は,その3類型のうちで,もっともサポートの程度が緩やかな制度です。つまり,本人の判断能力の残存程度が比較的高い場合に適用になる成年後見制度です。