未支給年金請求書(みしきゅうねんきんせいきゅうしょ)

公的年金をもらっている人が亡くなったときに,年金の支給日の関係で未支給になっている年金を受け取るために相続人が提出する書類のことです。文字どおり,未支給の年金を(支給してくれと)請求する書類です。さて年金というのは,偶数月の15日に後払いで支給されます。ただし亡くなった月の分までは全額支給されることになっています。この仕組みから,年金を受給している人が死亡すると必ず未支給の年金が生じてしまいます。よってこの未支給分を受け取るために,未支給年金請求書を提出する必要があります。この書類は相続人が積極的に提出しなければなりません。役所のほうで処理して自動的に送金してくれないからです。なお,提出先は,国民年金の場合は市町村役場,厚生年金なら年金事務所,共済年金は共済組合です。