未成年後見人(みせいねんこうけんにん)

未成年者に対して親権を行う者がないとき,又は親権を行う者が管理権を有しないときに家庭裁判所によって選任される後見人です。通常未成年者の財産管理は親権者が行いますが,親がいない場合もあります。また,親がいても,父又は母による管理権の行使が困難又は不適当であることにより家庭裁判所によって管理権喪失の審判がされ,親が管理権を有しない場合もあります。そういった場合にこの未成年者後見人が家庭裁判所によって選ばれます。未成年後見人は親権者と同じく子供の法定代理人です。法律の規定にもとづいて選ばれる代理人なので法定代理人といいます。未成年後見人は管理権を有している親権者と同じく,法律行為の代理権や同意権,そして未成年後見人の同意得ずにした子供の行為の取消権を持っています。