見守り契約(みまもりけいやく)

受任者が委任者に定期的に連絡したり面談したりすることにより,委任者の生活状況や法律関係に変化がないか見守ることを内容とする民法上の委任契約(準委任)契約です。契約の内容は当事者の協議により自由に定めることができます(契約自由)。

なお,将来委任者の判断能力が低下したときに,受任者が委任者の財産管理を行う任意後見契約を締結する場合があります。任意後見契約は公正証書でします。任意後見契約を締結している場合において,その後の委任者の判断能力の低下は,任意後見契約の効力発生の要件となります。つまり,委任者の判断能力が低下したら,任意後見契約の効力を発生させる次のステップに向けた手続きを行う必要があります(任意後見監督人選任の申立て)。ところで,委任者の判断能力が低下したかどうかは,委任者の生活状況等を継続的に見守っていなければ分かりません。なので,任意後見契約を締結するときは,これと同時に,受任者が委任者の生活状況等を継続的に見守ることを内容とする「継続的見守契約」を締結するのが通常です。