民事執行(みんじしっこうほう)

民事上の請求権について国家の助けを借りて債務者の財産から強制的に回収を図る手続きのことであり,民事執行の手続きを定めた法律を民事執行法といいます。民事上の請求権について債務者が任意の履行をしない場合,債権者は,本案の裁判所に訴えて判決等の債務名義をもらいます。債権者は,この債務名義を執行裁判所に持って行き,この民事執行法という法律にもとづいて債務者の財産を差し押さえます。そしてこれを換価する等によって債権回収を実現します。なお,民事執行法には,このような強制執行の手続きのほか,不動産担保権の実行による競売,つまり不動産競売の手続きについても規定しています。