民事保全(みんじほぜん)

将来強制執行をして債権の満足を図るために(近いうちに強制執行してちゃんと債権の回収ができるようにするために),債務者の財産の維持等を目的としてなされる予防的・暫定的な処分又はそのような法律上の手続について定めた法律のことです。民事保全法に規定があります。例えば,債務者が債務の履行をしない場合,債権者は民事訴訟を提起して,裁判所に勝訴判決をもらう活動をします。勝訴判決をもらったら,続いて債務者の財産を差押えて換価する等の強制執行をして,債務者の財産から債権の回収をします。しかし,債務者が財産の差押えを免れるために,前もってこれを不当に処分する等により,いざ勝訴判決をもらったときに債務者の財産がないか毀損していることが考えられます。民事訴訟には時間がかかるからです。分かりやすく言えば,そのような悲劇を避けるために,予防的に債務者の財産をロックしておく制度が民事保全です。民事保全には,債務者の財産の仮差押,係争物に関する仮処分又は仮の地位を定める仮処分があります。この制度を利用するには,債権者が裁判所に申立てをします。裁判所が申立てを認めて保全命令を出してくれたら,改めて保全執行を申立てて,仮差押,仮処分等を実行してもらいます。