無期定期金(むきていききん)

まず定期金とは,一定の時期に支払ったり受け取ったりするお金のことを意味します。何もしないでお金を支払ったり受け取ったりすることはないので,定期金は,契約や法律の規定にもとづいて発生しますが,終身定期金契約については,民法689条に定めがあります。およそ定期金は,その一定の時期の定め方によって,期間の決まっている有期定期金,期間の決まっていない無期定期金,死亡するまでと決まっている終身定期金に分類することができます。つまり無期定期金とは期間を定めずに支払ったり受け取ったりするお金のことです。なお,定期金を受ける権利も財産的な価値があるので相続税の対象になり,財産評価基本通達も上記の分類にしたがって定期金の評価方法を定めています。