持分(もちぶん)

民法上,物を複数人で共同して所有するときの,それぞれの所有割合のこと持分と呼びます。持分権と呼ぶこともあります。各共有者は,その財産の自分の持分について,それぞれ単独で処分することができます。ただし,他人の持分まで処分するには,共有者の全員の同意が必要です。なお,共有物の管理に関する事項は,共有者の持分価格の過半数で決定して行います。共有物の管理費用は各人の持分に応じて負担します。

ちなみに,会社法上は,合名会社・合資会社・合同会社のことを持分会社と呼び,これらの会社の社員の持っている会社財産に対する権利義務の割合を持分と呼びます。