持ち戻し(もちもどし)

共同相続人のうちの誰かが生前被相続人から多額の生前贈与などを受けていた場合,相続人間の不公平を是正するために相続分が修正されます。これを特別受益者の相続分と呼びます。要は,生前贈与等によって特別に利益を受けている人は,相続分の計算にあたって,それを差し引き計算しますよ,という制度です。特別受益者の相続分は以下のように計算します。

  1. まず,相続開始のときにじっさいに存在する相続財産に,生前贈与等の特別受益に該当する財産の額を足した額を出して,これをみなし相続財産とする。
  2. みなし相続財産に相続分をかける。
  3. 特別受益者の相続分から,1で加算した特別受益の額を引いて,特別受益者の相続分とする。

持ち戻しとは,特別受益に相当する財産の額をいったん相続財産に戻して,みなし相続財産を計算する法律上の取扱いのことです。特別受益の持ち戻し計算をすることによって,相続人の相続分を実質的に平等に差し引き計算することができます。