養子(ようし)

民法上の養子縁組によって法律上実子と同じ法律的な地位を得た人のことです。養子は法律上の子供のこと、実子は自然的な子供のことです。養子の法律的な地位についてもう少し詳しく説明します。養子は、以下のような立場に立ちます。
・養親と同じ氏を称します
・養親の親権に服します
・養親の子供として第一順位の相続人になります
・その他養親の親族との間に法定血族関係が生じます
なお、養子になるには、以下ような条件があります。
・養親よりも年下であること
・特別養子の場合は6歳未満であること(養親は25歳以上)
・未成年の子供が養子になるには、原則として家庭裁判所の許可を得ること(例外として、自分の又は配偶者の直系卑属を養子とする場合、つまり孫や配偶者の連れ子を養子とする場合などは不要です)
・特別養子になるには、家庭裁判所の審判を得ること