カテゴリー別アーカイブ: 遺言書

相続財産の遺留分(いりゅうぶん)が侵害されて取り戻したいなら遺留分減殺請求(げんさいせいきゅう)をする

ここで説明するのは,あなたが遺言で財産をもらった場合じゃなく,親など被相続人が書いた遺言書であなたの相続に関する遺留分が奪われている場合。すなわち,親などの被相続人が遺言書で他の法定相続人や第三者に多くの財産をあげてしま …続きを読む

遺留分減殺請求をする

遺言執行者が必要?なら家庭裁判所に請求して選任してもらう

  遺言執行者とは何をする人か 遺言執行者とは文字どおり遺言(書)を執行する人です。遺言書に書かれた財産の相続等の内容を実行してくれる人です。遺言者が遺言書にしたためた最終意思を現実の社会に実現してくれる人のこ …続きを読む

遺言執行者が必要なケースと家庭裁判所への申立て

自分で書いた自筆証書遺言は開封しないで早く家庭裁判所で検認してもらう

親など被相続人が自分で書いた自筆証書の遺言書が見つかったら,なるべく早く管轄の家庭裁判所に持っていって,自筆証書遺言の検認手続をする必要があります。   自筆証書遺言の検認とは何か 自筆証書遺言の検認とは,公正 …続きを読む

自筆証書遺言の検認を家庭裁判所に申請

遺産相続の手続きは「どこの」「誰に」相談や依頼をしたらいいのか(司法書士?弁護士?税理士?)

両親が亡くなって少し落ち着いたので,遺産相続の手続きを進めていきたいと思います。親の遺産は,住宅と,あと田舎に農地が少し,それから預貯金や証券口座にある株式・投資信託くらいです。母がまだ存命で,私を含めて3人兄弟です。遺 …続きを読む

遺産相続の相談依頼は誰に

死んだらすること(死後の手続き)一覧リスト

親など,親族が亡くなると,それはそれは大変です。 まず悲しいから大変。それに加えて,家の片付けや役所の届出といった死後事務が大変。そして遺産の分け方を共同相続人で話し合うのが大変。そして不動産や預貯金や株式等遺産の相続手 …続きを読む

死後の手続き

もし親が死にそうで時間がないなら手書きで最低限の遺言書を書いてもらう

  最低限の自筆証書遺言を書いてもらう人又は書くべき人 親が病気等で死期が迫っていて長くないのに,いままで遺言書を作っていなかったので遺産相続で揉めそうだというときは,親に手書きで最低限の内容の遺言書を書いても …続きを読む

最低限法的に有効な自筆証書遺言

遺言書だけでは死後の問題が解決しない?安心できない?その理由を説明します

  遺言書があれば安心? さて将来の遺産相続の紛争を避けるために遺言書を公正証書で作成しました。もうこれで安心,何も心配することはない,となるかといえば,そうとも言えません。え?そうなの?遺言書を作成すれば安心 …続きを読む

葬儀,納骨,永代供養,役所の手続きは死後事務委任契約で

遺言書とセットで生前の財産管理を任せてもらう方法を説明します

将来亡くなったときの遺産相続の紛争を避けるために遺言書を作成しました。これで,死後の財産に関する紛争は防げると思います。では,生前のことについてはどうでしょうか。生前,典型的には高齢になった人の財産を特定の人が勝手に管理 …続きを読む

生前の財産管理,財産管理委任契約と任意後見契約

最終チェック!遺言書を作成する(書く・書いてもらう)ときチェックすべき五つのポイント

いざ遺言書を作成したり書いてもらったりするときの最終チェックポイントをお教えします。遺言書は何度でも撤回や書き直しができますが,できることなら1回でバシッと決めたいところです。以下に該当するようなことがないかチェックして …続きを読む

遺言書作成の注意点・チェックポイント

公正証書遺言を作成する(書いてもらう)スケジュールを具体的にお教えします

公証人役場に行って公証人に作成してもらう遺言書,すなわち公正証書遺言を作成するときのスケジュールを具体的に説明いたします。公正証書遺言は以下のようなスケジュールで作成します。司法書士に相談・依頼して作成する場合を想定して …続きを読む

公正証書遺言の作成方法,依頼方法

1 2 3 4 7