所長BLOG

自分でできる!相続財産の調査方法を誰よりも詳しく説明します

« »

カテゴリ 
投稿者:中尾 哲也
遺産を探す

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

奈良県北葛城郡王寺町の,JR王寺駅前すぐに事務所のある,遺産相続専門の司法書士中尾哲也です。

得意分野のエントリーなものでいつもより余分に自己紹介しておりますw

タイトルにあるとおり,今日は遺産調査・相続財産調査について書きます。人が死んで落ち着いたらまずもって遺産調査を急げというのがわが国古来からの習わしで,かつうちの祖父の遺言です。習わしも遺言も嘘ですけど(知ってる),遺産調査の大切さは本当です。いきなりめんどくさくてすみませんw

ではどうして遺産調査・相続財産調査を急がないといけないのか。今日は,まず手短に,これを説明します。続いて具体的な遺産調査のやり方,相続財産の調べ方を財産ごとに説明していきます。よってこれを読んでいただければ,今後,あなた自身でおよその遺産調査ができるようになります。

確認です。

「身内が亡くなると大変だが徐々に手元の遺産を整理すべし。そしてなるべく早くちゃんとした財産調査に着手すること」

人の死は悲しいですが,ブログは明るくいきますよ。まだ冗談を受け付けない人は,しばらく経ってからお読みくださいね。およその目次です。

  • 遺産相続の手続は相続財産の調査から始める理由
  • 相続財産の調査には二つある
  • 最初に調査すべき相続財産
  • 相続財産に不動産(土地や建物)がないか調査する方法
  • 相続財産に銀行の預貯金がないか調査する方法
  • 相続財産に株式,公社債,投資信託などの金融商品がないか調査する方法
  • 調べたら簡単な財産目録を作っておく
  • まとめ

 

遺産相続の手続は相続財産の調査から始める理由

遺産相続でまず最初にするべき二つのこと

改めて,相続とは何かを確認しておきます。

民法第3章
第1節 総則
(相続の一般的効力)
第989条 相続人は,相続開始の時から,被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし,被相続人の一身に専属したものは,この限りではない。

相続人が,財産のなんちゃらを,まとめて引き継ぐのが相続。相続人が,財産を,引き継ぐ。相続人が,財産を,,相続人と財産,相続人と財産,相続人と財産,,,バンザーイ(いきなり,,)

しつこいですが,そもそも相続とは,相続人が財産を引き継ぐことなので,相続人と相続財産を確認しないと何にも始まりません。

相続人を確認すること=戸籍調査です。市町村役場で戸籍を収集して調べます。
相続財産を確認すること=遺産調査です。つまり相続財産の調査です。

前者も後者もまっさきにやらないといけないことですが,今日のお題は後者の方。何をするかはこの後書くとして,相続財産を調査しないと相続は始まらないと分かっていただけたはず。

相続財産の調査をしなければならない具体的な理由

抽象的なことはいいから,もうちょっと具体的な話はないかなああ。そんなふわったとしたことじゃなくて財産調査が必要なピリッとした理由っていうの?具体的な理由を教えて。っという声が聞こえたので,それを説明します。

財産が欲しいから

文字通りです。どんな財産があるか判明しなかったら財産がもらえないじゃないですか。分からないんだから,相続の手続もできませんし。もしかしたら,政治家がいろいろ画策している休眠預金みたいに,どこかに預金が眠っているかもしれません。知らないままだとずっとそのままです。

相続税の計算ができないから

ある程度お金を持っている人が亡くなると相続税がかかります。遺産の全体から,基礎控除などを引いて,課税すべき財産があれば,税率を掛けて相続税を計算します。計算して,10か月以内に税務署に納めます。相続税って,申告納税制度を採用しているので,相続税がかかる人だけ,自分で計算して(税理士か),進んで納税しないといけないんです。税務署は助けてくれない。でも税金がかかるのに払ってないと,催促には向こうからやってきますwペナルティーというお土産を持って。

おみやげの種類)

  • 納税が遅れると,延滞税
  • 少なく申告すると,過少申告加算税
  • 期限に申告しないと,無申告加算税
  • わざとやると,重加算税

相続税のペナルティー罰則

中島IT会計事務所さんのページからお借りしました。

とにかく,相続財産の調査をしないでどうやって相続税の計算をするんですか?相続税がかかるのか,およその試算をしようにも,財産を調査しないで何ができるんだと。なので,財産調査は必須です。特に財産がある程度ありそうな人は。

 

相続財産の調査には二つある

相続財産の調査には大きく分けて二つの種類があります。

相続財産の存否の調査

「相続財産の存否の調査」ってなんだか小難しくいいましたが,そんな法律用語があるわけじゃありません。分かりやすくいうと,そもそも相続財産があるのかないのかを調べるってだけのことです。あるのかないのかはとても重要ですよね。あるのかないのか,それが問題だ。

遺産評価

相続財産があると分かったら,それがいくらになるのか評価します。遺産の評価をする。いくらになるのか分からないと,相続税の計算もできないし,相続を引き受けるかどうか考えたり(相続の承認放棄),相続人同士で遺産分けの話合い(遺産分割協議)をすることもできないからです。

財産がいくらになるかの査定方法は世の中にたくさんあります。相続人で遺産の取り分を話合う場合はみんなが納得する限りどういうやり方でもいいんですが,揉めて裁判所の遺産分割審判になると話は別。客観的に査定しないといけません。相続税という国税を支払う場合はさらに別個の査定方法が。税金を計算するもとになる財産の評価基準は国が決める。財務省>国税庁の財産評価基本通達というお達し(お控えなすって!!)がありまして,これで評価していきます。

財産評価基本通達

今日は,以上二つの財産調査のうち,相続財産の存否の調査,つまり「相続財産があるのかないのかの調査」について説明します。

 

最初に調査すべき相続財産

相続する可能性がある財産

どういう財産が相続の対象になり,どういう財産が相続の対象にならないのかについては,以下のページを見てみてください。今日は深入りしません。

借金は?遺産相続で引き継ぐものと引き継がないもの

法律上財産は,大きく分けると,不動産,動産,債権(債務)その他無体財産権(ややこしな)などがある。その分類に具体的な財産を割り振ると,,

不動産的なもの

  • 土地や建物
  • 借地権や借家権

動産的なもの

  • 自動車
  • 書画や骨董品
  • 貴金属
  • 家財道具(着物などを含む)

債権的なもの

  • 銀行の預貯金
  • 株式
  • 公社債
  • その他金融商品(投資信託など)
  • ゴルフ会員権
  • 他人への貸付金
  • 借金(債務)
    などなど

※無体財産権とは知的財産権とかのことですが持っている人は少ないので今日はいいw
※借金(債務)については毛色が違うので,前に書いた以下エントリーを参照

借金・債務を相続した人が絶対にやるべきことをお教えします

くらいでしょうか。細かいものは省いています。さて,この中で,取り急ぎ調査(の対象と)すべきものは何でしょう。どのみちおいおいすべての財産を調査するんですが,まずもって調査すべきものは何か。それはずばりこんなもの。

  • 土地や建物
  • 預貯金
  • 株式,公社債,その他金融商品

どうしてか。

  • 財産的な価値が大きくて影響大
  • 目に見えなくて発見しづらい

からです。

ここまでで,相続が開始したらすぐに財産調査を開始すべし。調べる財産はまず土地や建物といった不動産と,預貯金と,株式公社債その他の金融商品である。というところまできました。では続いて,じっさいにそれらの相続財産を調査していきましょう。

 

相続財産に不動産(土地や建物)がないか調査する方法

不動産はどこにあるか

どこにあるってここにある。俺がいま住んでるっしー。ふざけないでください!それはそうなんだが,その不動産の所有者がどこに書いてあるか知ってますか?それから,親父はその住んでる家以外に土地を持ってなかったか知ってますか?

不動産は重要な財産なんで,役所が登記簿という帳簿で管理してます。そこに持ち主などが登録してある。これを登記という。不動産を買ったら登記して俺のものだ!と宣言して初めて安心できる。現物のやり取りだけで取引が完了することは通常ないんです。ちなみに登記するその役所を法務局という。法務局は全国にいっぱいあって,不動産を所在地ごとに管理している。なので,この登記というものを調べないとダメなんですね。その家,実は他人名義かもしれませんよ!

そのほかに不動産を管理している役所はあるか。ある。市町村役場ですね。なぜか。固定資産税を徴収するため。固定資産税という税金は地方税で,地方税のうちでも市町村民税なので,市町村役場がちゃーんと不動産の情報を持っている。お前のお金をむしりとるためにな(ってこわいw)。冗談さておき,そいういう事情から,不動産のある市町村役場に情報がある。不動産のない市町村役場には情報がない(これ重要。またあとで説明する)。

不動産の情報は,法務局と市町村役場にある。森林組合とか情報はほかにもいろいろあるけど,とにかく法務局と市町村役場をまず押さえにいく。

重要な事実

ところで,ある人が持っている不動産を一括して管理している役所はない!つまり,どこかに行けば,まとめて不動産の全情報を集められるという魔法の仕組みは存在しません。不動産以外の財産にしてもそうなんですが,これは超重要な事実のでメモしてください(しなくていいけど)。

調査するための資料

調査するための資料は以下のとおりです。

家にあるもの

  • 登記済権利書又は登記識別情報
  • 固定資産税の課税通知書(課税明細書とか,納付書とか書いてある)など

役所で取るもの

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 名寄帳(資産明細,課税台帳の写しなど呼び方いろいろ)
  • 固定資産評価証明書

具体的な調べ方

家ですること

登記済権利書又は登記識別情報を探す

親父(おやじが死んだものと決めつけることにする)がもし不動産の所有者なら,買ったり,相続したりしたときに,きっと司法書士から権利書(登記識別情報)をもらっているはず。親父が大事なものをしまいそうなところをまさぐってとにかくこれらを探す。昔権利書と呼んだものが,いまは不動産登記法の改正(電子化)で登記識別情報という書類に変わっているので注意。

登記済権利書はこんなの

権利書,相続財産
※昔はだいたいこういう表紙。いまはもうちょっとモダンなのが多いので決め付けないよう。別に緑色ばっかでもないw

権利書相続
※このへんは無視してめくっていくと,,

財産調査の権利書
※最後に判子が出てくる。この最後の赤い判子が重要。ここが紙の権利書の心臓部。この登記が法務局で受付された受付年月日,受付番号,法務局の名前とその長の印であることが書いてある(伏せてるので見にくいが)。

登記識別情報はこんなの

相続財産,登記識別情報
※この下のほうの色の濃いところがシール(今はさらに変わっている,おいい)。めくると12桁の英数字が出てくる。これが法務省のシステムに登録されたその土地の権利書番号だ。印刷してもらえるので法務省と照合できる仕組み。

これを見つけたら,すべてのページの裏表をスマホの写真に収める(コンデジでもいいけど)。場合によっては後で使います。

固定資産税の課税通知書を探す

不動産を持っていたら普通固定資産税がかかるので,市町村役場から毎年請求書っぽいの(ピラピラのやつ)が送られてきているはず。これが固定資産税の課税通知書(課税明細書とか,納付書とか書いてある)。毎年5月くらいに来ている。これまた家捜しをすべし。見つけたら,全部のページをスマホの写真に収めよう!権利書にしてもそうですが,できれば面倒くさがらずに,全部のページを撮影するのが肝。あとで「あっちゃー,あそこないわ」とならないように。スキャナーがあればスキャンしてもいい。いつでもどこでもスマホで見れるようメール送信したりクラウドサービスに預けたりしておけばベスト。

課税通知書(課税明細書,納付書)はこんなの

相続財産の課税通知書

課税通知書,納付書※2枚目の真ん中少し右くらいに,「評価額」と書いてあるところがある。ここに対応する枠の中の数字が,役所の決めたその不動産の価格。値段。

市町村役場ですること

王寺町で相続登記,相続財産調査

家で資料を探せるだけ探したら,次に市町村役場にいきます。先に法務局に行かないこと。なぜなら,市町村役場のほうが,より効率よく不動産を探せるから。これも重要ですよ。

さっきも言いましたが,固定資産税は市町村民税なので,自分の役所が税金をとれる自分の市町村内の不動産しか管理してない。ほかのことは知らんと。よって「不動産があるかもしれない」すべての市町村で調査をする必要があります。親父が(もうおやじのことでいいですね),「家を継ぐのも大変やで」とか,「田舎の田畑どーしょーかな」とか,どっかに不動産を持っていることをにおわせる発言をしていたときはそこも調べないといかんでしょうね。親戚に聞くのもいい。税金の通知書があれば普通は分かるんですが,手元にないと分からない。ということで,可能性のあるすべての市町村役場の場所を調べて,出向くなりして調査しましょう。

役場に行ったら,資産税を担当している資産税課とかいう名前のカウンターに行く。そして「名寄帳(資産明細,課税台帳の写しなど呼び方いろいろ)をくれ!よこしやがれ!」と迫りましょう。そうすると担当者が「こちらに記入してください」などと事務的に対応してくれるはずです。そこに置いてある請求書を書いて,しらばく待って,書類を受け取る段取りです。この名寄帳というのは,文字通り,親父○○という名前でくくって,その市町村内に,その人が持っている土地建物を寄せてきた書類です。人ごとに作られている資産明細ですね。市町村の資産税課には,固定資産課税台帳という帳簿が置いてあって,税金を確実にとるために,役人がせっせと手入れしています(とるほうはいつも一所懸命)。これを写したものが名寄帳なり資産明細なり課税台帳写なりを名乗る書類になります。これをとれば,その市町村内の不動産を全部押さえられます。あくまでその市町村内にあるものですけどね。

取ったらさらに固定資産評価証明書も請求してください。同じ担当課で取れます。さっきのはあくまで資産のリストでしたが,評価証明書のほうは,市町村がどういう評価(値付)をしているかを証明した書類です。不動産ごとに評価額(価格)が書いてあります。これは,後から,不動産の名義変更をしたりするときに使うので,どうせ役所に行ったのなら取っておいてください。1枚300円とかそんなのです。なお,これも請求書を書いて,窓口に出して取りますが,役所によっては資産明細と一緒に取れるかもしれませんので窓口で聞いてみてください(名寄せと評価証明両方の請求欄にチェックするなどして)。「「名寄」と「評価証明」どっちゃもいるんやが,どない書いたらええかいのぅ」」と詰め寄れば,これまた無表情でちゃんと案内してくれるはず(必ずしも無表情かどうかしらないwフレンドリーな人も多し)。復習。市町村役場では,その市町村にある不動産を一括で調べられるので,まず市町村に行くべし。そして,名寄と評価証明書を取ること。

固定資産評価証明(税額入りのは公課証明という)の請求書はこんなの

相続調査,評価証明請求
※証明の種類のところの「評価証明」をチェックする。ただし市町村によって様式が違うので,役場の窓口に置いてあるものを1枚とって,窓口の担当者に,どことどこを書けばいいか聞けばいい。普通に教えてくれる。

代理人がいく場合は委任状

評価証明,代理人,委任状
※大阪市長のところ,不動産のある市町村の名前に変えれば使えます。線引いて,上に判子を押して訂正すればいい。委任者とは相続人のこと,受任者とは窓口に行く人。委任事項は,最近の年度の,「固定資産税評価証明書の請求と受領」とでも書く。使用目的は,「相続による所有権移転登記に使用」と書けばいい。

ちなみに評価証明書はこういうの相続の固定資産評価証明書※「評価額」と書いてあるところが市町村役場が決めた固定資産税評価額。つまり不動産の値段。

法務局ですること

法務局で遺産調査

次に法務局で登記を調べることにしましょう。さっき,まず家で資料を調べて写真を取るとか,市町村役場のほうから先にいけとか言いました。その理由は,,

不動産の登記簿謄本(登記事項証明書)は,物件の所在地番などが分からないと取れないからです。親父○○の名前で調べることはできません。何故かと言うと,不動産の登記簿(法務局にある登記簿謄本のもとになる帳簿)が,物件ごとに作られているからです。人ごとに作られているわけじゃない。こういうのを,不動産登記簿の物的編成主義といいます(どーでもいいけどね)。つまり不動産の登記なんです。人の登記じゃないんです。不動産の登記だから,不動産ごとに帳簿を作ってるんです(くどいか)。よって登記簿謄本(登記事項証明書)を請求するには,土地の所在地番などを書かないといけない。これが分からないと,登記簿謄本(登記事項証明書)が請求できません。家で撮影した写真や評価証明書を手に持って,法務局に行きましょう。

法務局に行ったらあたりを見回す。登記とか供託とか国籍人権とかいろんなコーナーがあるので,登記のほうへ向かってください。そして登記のうちの,不動産とか権利とか書いてあるところに行く。商業とか法人とかじゃないですよ。そっちは会社謄本など取るところです。

近くのカウンターに登記簿謄本(登記事項証明書)を請求する用紙が置いてあると思ので,そこに物件の所在地など書き込んで窓口に請求してください。しばらくしたらプリンターで出力して渡してくれます。不動産ごとに600円召し上げられますw

遺産調査で登記簿登記事項証明書を請求
※大枠が二つあって,下のほうの枠の上に,(所有権に関する事項)と書いてある。下のほうの枠は所有者が書いてある枠ってこと。通常1番下のところが最終の所有者になる。この登記簿だと,平成26年9月16日に相続が開始したことによって,平成27年2月6日に所有権移転登記(相続登記)して,相続人の共同所有になっていることがわかる。個人情報伏せているので見にくくてすみません,,

ちなみに,土地とか建物を特定する要素は以下とおり。土地なら所在地(所在)とナンバー(地番),土地の用途(地目)に面積(地積)です。権利書や固定資産税の課税通知,評価証明などにも,そういうふうに項目がふってあるはずなので,それを見ながら登記簿謄本(登記事項証明書)の請求書に書き込んでくださいね。

土地だったら,,

所在
地番
地目
地積

建物だったら,,

所在地番
家屋番号
種類
構造
床面積

登記簿謄本(登記事項証明書)を取るには登記簿謄本等請求書

遺産調査に登記簿請求
※住所氏名を書いて,土地か建物にチェックし(土地と建物は別!),それぞれ所在地番などを埋めていく。欲しい枚数も書く。その下の共同担保目録(仮に抵当権などがついていたら,担保に入っている物件が一括して出てくる)も,現に効力を有するもの(まだ借入れが残っている抵当権などの分)だけ念のため請求しておく。最後に下の欄の「登記事項証明書」というところにチェックして,右上に収入印紙を貼って出す。本日現在1通600円。土地建物だと1200円になる。たっけー

家でも登記簿謄本(登記事項証明書)が取れる?そう,登記情報提供サービスならね(iphoneみたいに言うてください)。

ちなみに,,登記簿謄本(登記事項証明書)は発行した法務局の印鑑が押してある公文書です。印鑑はいらない,内容だけわかればいいということなら,法務局に行かなくても(郵送含め)登記を調べられる。インターネットを使って登記に関する情報を見ることができるんです(もちろんプリントもできる)。登記情報提供サービスといいます。こちらのやり方もちょっとだけ説明しておきます。

登記情報提供サービスのページに行ってください。

遺産調査に登記情報提供サービス
こちらから

するとこんな画面が出てきます。中段に,一時利用,個人利用,法人利用,公共機関利用とありますが,今回だけ使うなら,一時利用で大丈夫です(個人利用は初期登録料がかかります)。利用申込ボタンを押して,住所や氏名,クレジットカード番号などを入れると登録が完了し,土地建物の登記情報などを請求できるようになります。

登録完了後,地番などを入れて登記情報を請求すると,まさに登記の内容が画面に表示されます。これをプリンターで印刷すれば,法務局で登記簿謄本(登記事項証明書)をとったのと同じです。もちろん公印がないので,公文書にならず,役所に提出する場合など用を足さないこともあります。あくまで所有者など登記されている内容を確認するという意味において登記簿謄本(登記事項証明書)と同じだって意味です。

右カラムの中段下にQ&A(よくあるご質問)があるので,このサービスについて詳しく知りたい人はクリックして調べてくださいね。法務省の天下り団体がやっているサービスなので,Q&A読んでもいまいちよくわからない説明になってます(あかんやんw)。
※スクリーンショットとって登録と利用法を説明しようとしたら,いまサービス休みでボタンをクリックできないwwネットなのに土日休みという貴族的サービスだ。

不動産を調べたところで自分で相続登記にチャレンジする方はこちらをどうぞ。

相続登記(名義変更・名義書換)の手続きを自分で法務局に申請する方法

相続財産に銀行の預貯金がないか調査する方法

預貯金はどこにあるか

今度は預貯金。預貯金がどこにあるかは分かりやすいですね。都市銀行,地方銀行,信用金庫などのほか,ゆうちょ銀行など日本には銀行がいっぱい。それぞれが独立した別の組織。よってそれぞれの組織が親父(でたw)の預貯金を管理しています。

重要な事実

なんと預貯金を一括で管理している組織はない!これはなんとなく知ってましたよね。金融機関ごとにぜーんぶバラバラです。民間なんで当たり前っちゃ当たり前ですが。顧客の1番重要な情報を共有してるわけないので。なのでつまり,親父○○の預貯金をどっかのセンターでまとめて調査することはできません。金融機関ごとに調べる必要があります。面倒ですね。

調査するための資料

家にあるもの

  • 預貯金通帳
  • 預貯金証書
  • キャッシュカード
  • タオル,カレンダー,ボールペンその他記念品(ノベルティー)
  • 税理士の名刺など

銀行など金融機関で取るもの

  • 残高証明書(名寄せ)
  • 取引明細書

具体的な調べ方

家ですること

不動産と同じくまずは家捜しです。タンス,チェスト(ハイカラな人なら),サイドボード,テレビボード,電話台,,親父がいいもの隠しそうな場所は全部探す。通帳もキャッシュカードも小さいので,ひっそりどっかに隠してあるってこともありますよ(実話多数)。親父の財布,古い財布,小物入れも探してくださいね。キャッシュカードが入っているかもしれません。

あと,タオル,カレンダー,文房具などに金融機関の名前は書いてないですか?記念品としてくばられたものがあるかもしれません。名前が書いてあれば,その金融機関と取引していた可能性があります。

その他,生前に税理士や会計士の名前を聞いたことがあるとか,税理士などの名刺が出てきたとか,そういうことはないですか?税理士との関係があるってことは,税務申告を依頼していたかもしれません。そうすると,税理士が親父の預貯金口座の情報を持っているかもしれません。一応電話して聞いてみてください。

銀行など金融機関ですること

南都銀行の預貯金を相続したら司法書士へ

残高証明(名寄せ)の請求

銀行へ行ったら窓口で「親父が死んだでな,いろいろ調べてるんだわさ。残高証明(名寄せ)くれや」と伝えてください。満面の笑み(苦笑い又は偽善)で迎えてくれるでしょう。窓口の女性(女性差別じゃないですよ,きっと女性)が請求書をくれるので,渡された請求書に記入して渡し返します。残高証明書(名寄せ)は,その金融機関のすべての支店にある口座の情報を証明するもの。普通預金だけじゃなく,定期預金や投資信託などの金融商品も全部出てきます。つまり銀行としても調べる時間が必要ですぐはもらえない。あなたが銀行に請求しても即その場では証明書をもらうことができません。即どころか30分待っても無理です。2週間とか(金融機関によりけり)それくらいはかかるので,できれば早めに請求しましょう。手数料は1000円くらいでしょうか。

残高証明はこんなの

遺産整理,遺産調査の残高証明書

遺産整理で残高証明

なお,この請求は,預貯金口座があるかもしれないすべての金融機関でしてください。さっき言い忘れましたが,公共料金の振替口座はないかとか,クレジットカードの引落口座はどうかとか,その他毎月支払っている会費がないかとか,いろいろ親父の生活を考えてみると預貯金口座がほかに見つかるかもしれません。

その他,残高証明を請求するときのポイントは以下のとおり。がんばってください。

  • 相続人の1人からでも可能(調べるだけだから。なお,請求する人の身分証明,親父の亡くなった戸籍,あなたの戸籍などが必要)
  • 通帳やカードがなくても可能
  • なんだったら,口座自体あるかないかわからなくても可能,あったら出して方式で可
取引明細の請求

普通は残高証明だけて十分ですが,場合によっては取引明細も請求してください。例えば,あなた以外の相続人が生前親父と同居していて口座の出金状況を調べたい場合です。「あいつ勝手に親の金使い込んでるんやないか,キャッシュカードで引き出してるできっと」と疑っているような場合。今後遺産分割の話合いをする際に,先に資料をとっておくと参考になります。万一揉めて遺産分割審判になったり,地方裁判所で争うことになった場合,取得しておいた取引履歴を証拠等として使えます。なお,取引明細は,「○年○月○日から○年○月○日まで」などと期間を特定して請求します。金融機関により,また取得期間により手数料が変わります。案外高いところもありますので,個別に金融機関に確認してください。

取引明細はこんなの

遺産整理で銀行の取引明細

ネットバンクの場合

親父がリテラシー高めの人でネットバンクで口座管理をしていた場合どうなるでしょう。ネットで残高を調べることができるんでしょうか。親父の生前は,親父がネットで残高証明をとれましたよね?問題あるにはあるでしょうか,IDとパスワードを知っていれば,親父に成りすまして残高を見る程度は許されるでしょう。ただ,それらを知らないと見れないので正攻法で行くしかない。

私が利用しているSBIネット銀行であれば,親父が死ぬと,,

ネットバンクの遺産相続,残高証明

「SBIが解約することができる」になってますが,解約になります。当たり前ですよね,本人いないんだから。相続手続をして解約。いや解約になるので相続手続をする。どっちでもいいですが,,とにかくネットから残高証明をとることはできません。ならどうするか。

相続でネットバンクに電話

ネットバンクなのに,やっぱり電話しないといけないようです,,で,残高証明をとるには,以下のような手続になるよう。普通のリアル銀行と同じ。郵送でやるところが違うだけ。

電話して請求書を送ってもらう

以下を返送する

  • 記入した請求書
  • 親父の死んだ戸籍
  • 自分の戸籍
  • 自分の印鑑証明書


10日ほどで送られてくる

しんどいな,,もう,,

ネットバンクの遺産整理

ちなみに相続手続も普通の銀行と同じです。これは仕方ない。戸籍一式,実印と印鑑証明,遺産分割協議書,,こういうのが必要である限り,ネットではでませんわな,,当面無理。

相続に関するお手続のご案内

 

相続財産に株式,公社債,投資信託などの金融商品がないか調査する方法

株式,公社債,投資信託などの金融商品はどこにあるか

これは非常にややこしや。制度がいろいろ変わったので(金融の自由化,株券の電子化など),モノによって権利関係が違います。なのでできるだけ簡単に書きます(上場株式を例に)。そうしないとぜったいに混乱する。まずこの図を見てください。あまり詳しく(細かく)理解しようとしないのがポイントww

イメージ)
上場会社など証券を発行した団体

証券保管振替機構(ほふり)

証券会社,信託銀行,銀行など

あなた

ほんの少しだけ説明します。

いま現在,あなたが証券会社で大企業の株を買って株主になっても株券は発行されない。株式という目に見えない権利を手に入れるだけです(だけっていうかそれが大事なんですけどね,株券なんてどーでもいいから)。株式の情報は,証券会社を通じて,お国の証券保管振替機構(ほふり)というところで一括管理される仕組みになってます。あなたは会社の直接の株主で,株式という権利を持っていますが,株式に関する情報は証券保管振替機構(ほふり)に預けられているんです。

昔は紙の株券が発行されて(家にあったり,証券会社に預けたり),売買決済に現物が必要だったが,徐々に時代に合わなくなり,株券は法律上不要になった。そして法改正をいろいろして,最終この制度に。現在,株式の取引は,証券会社やほふり(や決済銀行)の情報処理だけで済みます。

これ,,,株式,社債,国債,地方債,投資信託等の金融商品と,本来分けて説明すべきですが,それをやると「ややこしや~」のおばけが出る。おばけは怖いので止めましょう。

※知的好奇心がある人は以下などご賞味を(苦いけど)

脱線した!!戻ります。株式等の金融商品はどこにあるかという問題でした。はい,以下の会社のどこかにあります。どういう状態かはともかくとして以下のどっかにある。とにかくここに問い合わせをして,言われたとおり手続していけば素人でもなんとかなるはず。

  • 証券会社
  • 信託銀行
  • その他銀行など,金融商品取引業者等

※非上場の株式を除く

重要な事実

ここでも重要な事実を述べます。もう3度目なんでお分かりですね。3度目の正直。一括して調べられないってことです,これも。なんちゃらセンター,とりまとめセンターは存在しない。取引していた証券会社等じゃないと分からないので,とにかくそれを探せってことです。

調査するための資料

家にあるもの

  • 取引口座の開設案内書や約款規定のたぐい
  • 取引報告書,運用報告書など
  • 取引残高報告書,利払い報告書など
  • 株式発行会社の事業報告書
  • 株式発行会社の株主総会召集通知
  • 国債など債券の保護預かり通帳(証書)

あとは預貯金の場合と同じく

  • タオル,カレンダー,ボールペンその他記念品(ノベルティー)
  • 税理士の名刺など

証券会社等で取るもの

  • 取引残高報告書
  • 取引報告書,運用報告書

具体的な調べ方

家ですること

基本的には預貯金のところと同じですんでそっちを参考にしてください。どっかに窓口となっている証券会社や信託銀行から来ている書類はないですか?普通の銀行が窓口になっている場合,預貯金の調査で残高証明をとる際証券関係も一緒にでてくるので大丈夫ですが,証券会社が窓口の場合は,どこの証券会社でやっていたか突き止めないといけません。

ケースに入った古い株券(上場会社)とかはないですか?古い株券があった場合,株券自体は無効ですが,株式自体は生きているかもしれません(譲渡などされてなければ)。生きている場合は,信託銀行の「特別口座」というところで管理されていて(タンス株は信託銀行の特別口座で管理されると決められたから),これを証券会社の口座に移さないといけません。こういうのをタンス株といいます。理解しなくていいけど,以下ようなこと。

タンス株とは、企業が発行している株券のうち、個人の自宅などに保管されているものを言う。2009年1月には、上場企業の株券についてはペーパレス化(電子化)されており、紙ベースでのタンス株に経済的な価値はないものとされている。

一方で、株券の電子化が行われるまでに自宅に保管されている株券については証券会社等に預けるように勧告されていたものの、まだ多くの株券がタンス株として提出されていない。
提出されていないからといって株主としての権利を失うわけではないが、売却がすぐにできない。また、売却までに時間や多くの手続きが必要になるなどの問題がある。

自宅に株券をまだ持っている方は、早めに信託銀行等に相談し、電子化対応をするよう証券業界は勧奨している。(実際に、タンス株を保有している場合取引の際に不都合が多いため、証券会社で電子化に対応しておくことをお勧めする)

なお、タンス株と類義の言葉として「タンス預金」という言葉がある。これは株券ではなく、現金を銀行に預けることなく保有しているという意味である。

金融経済用語辞典より

古い株券を見つけたら,そこの会社の電話番号に連絡して,窓口になっている信託銀行を聞き出します。信託銀行を聞いたら,そこで行って,必要な手続をしてもらってください。

とにかく窓口になっている証券会社や信託銀行が分かる資料を探しだすのが家でできることです。

取引報告書はこんなの

取引報告書を遺産調査する司法書士

債券の保護預かり通帳(証書)はこんなの

遺産相続で保護預かり通帳を調べる

司法書士が保護預かり通帳を調べる

証券会社や信託銀行ですること

司法書士の遺産整理,野村證券

司法書士の遺産整理,信託銀行

証券会社や信託銀行に行ってすることも預貯金と同じです。要は,残高証明書(名寄せ)的なものを取得すること。株式の場合,取引残高報告書というような名前になっているはずです。窓口でこれを請求します。相続なので,やはり以下のような書類を求められると思います。行く前に取っておきましょう。

  • 親父の亡くなった戸籍
  • 相続人(あなた)の戸籍
  • 相続人(あなた)の印鑑証明書

相続人の1人から請求して取れるので,あなたが相続人代表になって動いてあげるといいですね。また,相続関係に争いがあって,生前の口座の動きを知りたい場合,取引報告書のようなものを請求してください。銀行の取引明細書と同じようなものです。期間を指定して請求することになります。

なお,親父がインターネット証券で取引していた場合も銀行と同じでしょう。相続になると,関係手続をしないといままでどおり口座取引できません。電話連絡して対処します。

マネックス証券の場合,,

司法書士によるネット証券の遺産相続

コールセンターに電話して,書類を取り寄せ,ほかと同じように手続していく。結局書類の手続がスタートするわけですね,,

 

調べたら簡単な財産目録を作っておく

さてと,,不動産,預貯金,株式等と調べが済んだら,以下のとおりなんでもいいので,情報をまとめておくとなお良いです。司法書士や税理士に相続関係の手続を依頼するときに持っていったり,相続人と遺産分割教義をするときに見せたりできて便利です。司法書士に依頼して財産目録を作成してもらうこともできます。

  • チラシの裏にメモするw
  • PCのワープロソフトなどにメモする
  • 一応財産目録の形にしておく

こちらの下のほうにあるエクセルファイルも使いやすそうですよ。

http://www.shisan-souzoku.net/?page_id=8

 

まとめ

親父のほかw親族が亡くなって落ち着いたら遺産調査・相続財産調査に着手しましょう。遺産が分からないと遺産分けの話合いもできないし,相続税も心配だから。取り急ぎ調べるべきは以下の財産です。

  • 不動産
  • 預貯金
  • 株式や社債など金融商品

面倒なら司法書士に依頼してやってもらう。きっちり調査をして,財産目録を作ってくれるはずです。

※司法書士や税理士の行う遺産調査・相続財産調査は,その後に必要な不動産の相続登記や税務上の遺産評価を見越してするのでもう少し複雑です。登記申請や税務申告は法律や役所の先例にもとづいて正確に行わなければならず,だいたい分かればいいということではないらです(トホホ,,いやそれが仕事だ!!)。資料を細かくチェックして問題点を詰めていくのです。頑張りますこれからもw

遺産相続が専門で得意分野とのことですが、どんな相談や依頼ができますか?

営業エリア・業務地域を教えてください。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

相続登記を自分でする方・したい方はこちら

相続登記(名義変更・名義書換)の手続きを自分で法務局に申請する方法

 

こちらでは遺産分割協議(書)の具体的なやり方や作り方を全部説明します!

 

遺産分割調停(審判)を家裁でする方はこちら

 

不動産の登記のことは奈良王寺の明徳司法書士事務所まで!

奈良王寺で,遺産相続・生前贈与・財産分与・抵当権抹消により,自宅(住宅)ほか土地家屋の名義変更の依頼をしたり,不動産登記の無料法律相談をする方法

 

調査の結果,多額の借金・債務を相続してたらどうする?

借金・債務を相続した人が絶対にやるべきことをお教えします

3か月を過ぎたら相続放棄できないとあきらめていませんか?

ブラックリストのすべて!意味・内容・消えるまでの期間

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

相続放棄を「いますぐ」急いでする方法

司法書士の中尾です。以下を読んで今日こそアクションを起こしてください。   いますぐ相続放棄をしたい方! 難しいことを考えずに司法書士に任してしまってください。心配事が減って楽になります。 ステップ1. 司法書 […]

奈良王寺でいますぐ相続放棄の相談依頼

日経平均株価が大暴落したら遺産相続にどう影響するか

平成28年1月20日14時51分の日経 ↘【日経平均】下げ幅650円超。14時51分 656円安の 16392円 https://t.co/Ccs39eQji5 pic.twitter.com/ZpettcP8Ac — […]

遺産相続と株価大暴落の関係

相続に備えて。世界で一番?簡単な財産目録の作り方

財産をあげるお父さんやお母さん(おじいちゃん・おばあちゃん)へ わしもよー頑張った。そりゃもう頑張った。自分で自分を100回ほめてあげたい。俺すごい。そんな凄い俺ががんばってきたあかし。そう,俺の財産をそろそろまとめとか […]

簡単な財産目録

遺産相続をきっかけに人が死ぬこと(死亡)の意味について考えた

身近な人が死ぬとこたえますね。体力的にも精神的にも。とてつもない喪失感に襲われます。それと同時に,亡くなった人の顔を眺めていると,今にもまたしゃべりだしそうで,「死ぬ」というのが凄く日常的な出来事に感じます。今まで遠くに […]

死ぬことの意味

銀行・預貯金の相続手続きを「いますぐ」急いでする方法

司法書士の中尾です。以下を読んで今日こそアクションを起こしてください。   いますぐ預貯金相続の手続きをしたい方! 難しいことを考えずに司法書士に任してしまってください。心配事が減って楽になります。 ステップ1 […]

奈良王寺で預金口座の相続を急ぐ