相続大全集

遺産相続した不動産を数人の相続人で分ける方法

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

相続人で遺産相続の話合いをしていて,例えば遺産が住宅しかなく,しかも誰も住んでいないので,この不動産をみんなで相続したい場合があります。また大きな土地が遺産の大部分を占めていて,これを誰かが1人で相続する話合いがつかないので,みんなで相続しないといけない場合もあります。

不動産を相続するといってもいろんな場合がありますが,不動産を誰が1人が相続しないで,何人かで相続する場合というのは必ずあります。さてこのときに,いったいどうやって相続したらいいのかという問題があります。不動産のことはよく分からないので,みんなで相続する方法といってもなおさらよく分からないなあという人も多いと思うのです。

そこで,今から,不動産を1人じゃなくて何人かの人で相続する場合のやり方について説明します。話を分かりやすくするために,その不動産は,「大きな住宅地の土地が一つ」だと考えてください。

※ちなみに個別の遺産をどうやってみんなで分けるのかということを,「遺産分割の態様(たいよう)」の問題といいます。ご参考まで。

では,具体的な話に入ります。不動産の分け方は,次の四つです。

 

不動産の現物を何個かに割って分ける(現物分割)

原則というか,基本的なのがこの方法です。大きな土地で,現物を分けても使い道がある場合はこの方法がとれます。

土地の現物を分けることを「分筆」といいます。分筆は,土地家屋調査士に頼んで測量などをしてもらってから,法務局で手続をして完了します。時間と数十万円単位のお金がかかります。分筆をすると,土地の地番も増えて,法律的に別々の土地が出来上がります。ただ,位置などによって価値が違うという考え方もできますので,誰が,どの土地を相続するかという話をしないといけません。

 

不動産を何人かで共同で所有していく(共有とする分割)

不動産の現物は分筆しないで,一つの土地のままで,その土地を何人かで共有していく方法もあります。それぞれの人の所有権は,1/3とか,1/4とかいう割合になります。あくまで土地は一つなので,物理的に,どの場所が誰の土地ということはありません。所有権がまざっていると思ってください。

この方法の問題点は,今後の土地の利用や処分が難しくなることです。誰がどうやって使用するかなどというのを,法律では,「共有物の管理」といいますが,共有物の管理は,「持分価格の過半数」で決めることになっています。割合の多数決ですね。だから,少数者は思ったとおりの方法で土地を管理することができません。また,土地を処分するには共有者の全員が同意しないとできません。例えば売却する場合,誰に売るか,代金はいくらにするかなどの条件を全員が飲めないと,売却できないのです(理屈上自分の分だけ処分できますが,割合だけ欲しい人はいないからです)。

 

不動産を売却して代金を分ける(換価分割)

みんなが不動産を欲しがっていないときや,土地が物理的に割りにくいようなときは,土地を売却して,お金を分けることもできます。みんなが納得できる場合は,不動産業者に頼んで任意に売却することもできるし,もめそうなときは裁判所の競売の方法を使って売却することもできます。これを形式競売(形式的競売)とか,換価のための競売と呼びます。

 

不動産を誰かが相続して他の人にはお金を渡す(代償分割)

どうしても不動産を1人で相続したいなら,相続財産じゃなくて,自分の貯金で不動産を買取ることもできます。不動産を相続する代わりに,他の相続人に対して,代償金を支払って納得してもらうやり方です。みんながそのやり方に同意していて,実際に不動産を相続する人が自分のお金で代償金を支払うことができるのなら,この方法もよい方法です。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

公正証書遺言を作成する(書いてもらう)スケジュールを具体的にお教えします

公証人役場に行って公証人に作成してもらう遺言書,すなわち公正証書遺言を作成するときのスケジュールを具体的に説明いたします。公正証書遺言は以下のようなスケジュールで作成します。司法書士に相談・依頼して作成する場合を想定して …続きを読む

公正証書遺言の作成方法,依頼方法

遺留分の割合は相続人ごとに違うことを知っていますか?

全財産とか遺産のほとんどを遺言でもらっても,相続人から請求されたときは,一部返さないといけないのはご存知ですよね。そうです,遺留分制度です。亡くなった被相続人の配偶者とか子供とか,場合によっては両親あなどの直系尊属には遺 …続きを読む

遺留分割合は違う

節税対策でできること,たった二つの方法について説明します

今日は相続税の節税対策というものについての基本的な考え方をお知らせします。お伝えする内容は,「節税対策でできるたった二つの事柄について」です。さてその前に,この前お話した内容の復習をします。節税対策とはそもそも何なのかと …続きを読む

節税対策は二つ

遺産相続した貸土地の値段(評価)の付け方を説明します

相続人で遺産分けの話合いをしているが,遺産には不動産がいくつかあって,その中に,他人に借地として貸している土地がある。この土地は昔に更地の状態で他人に貸し出した後,借主が自分でその土地に住宅を建てて住んでいる。亡くなった …続きを読む

遺言書を書いてもらうかどうか迷ったら絶対書いてもらうべき理由

両親もいい歳になってきて,最近ちょっと体の調子も悪いみたいなんで,私もそろそろ両親にお願いして遺言書を書いてもらおうかと思うんです。離れて暮らしている兄弟との仲もそんなに良くないし,このまま両親が亡くなったらきっと遺産相 …続きを読む

両親に遺言書を書いてもらう 書かせる