相続に関するAtoZ 遺産をもらう側

いまさら聞けない相続人の取り分・相続分をハッキリ確認する

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

相続が開始して,あなたが相続人になっていると考えられる場合,次に考えないといけないのは,あなたの取り分,相続分は,どれくらいになるのかということです。

あなたは今,自分が相続人になっていると考えていますが,本当にその判断は正しいですか?相続人が何人かいる場合は,誰と誰が相続人になるかということをもう一度正確に確認しておく必要があります。

というのも,あなたの取り分,相続分というのは,誰と誰が共同で相続人になるかという相続人の問題と切っても切れない関係にあるからです。つまり共同相続人が誰と誰になるかによって,それぞれの相続人の取り分,相続分が変わるのです。

そこで,法定相続人の判断の仕方を先に確認してから,法定相続分のことについて説明することにします。

 

法定相続人を判断する方法

法定相続人は,次の表と,注意書きによって,正しく判断することができます。

第1順位 子
第2順位 直系尊属
第3順位 兄弟姉妹
別格 配偶者

※順位が先の者があればその順位の者だけが相続します。
※配偶者は別格で,常に,順位がトップの者と共同で相続人になります。
推定相続人(相続人になるはずの人)である子か兄弟姉妹が先に死んだりしているときは,その子(推定相続人が子の場合は直系卑属)が相続人になります。

どうですか?あなたは確かに相続人になっていますか?間違いないですか?参考のために,具体例でおさらいしておきます。子供とか,配偶者とかいうのは,亡くなった人から見てのことです。

  • 子供と配偶者がいるときは,両方が相続人になります。
  • 子供と祖父母と兄弟姉妹がいるときは,子供だけが相続人になります。
  • 祖父母と兄弟姉妹がいるときは,祖父母だけが相続人になります。
  • 配偶者と祖父母がいるときは,両方が相続人になります。
  • 配偶者と兄弟姉妹がいるときは,両方が相続人になります。
  • 配偶者だけがいるときは,配偶者だけが相続人になります。
  • 死んだ子供の子(孫)と配偶者がいるときは,孫と配偶者の両方が相続人になります。
  • 配偶者と死んだ兄弟姉妹の子(甥姪)がいるときは,配偶者と甥姪の両方が相続人になります。

 

法定相続分はどうなるか

さて本題に入ります。ここまでくれば,あなたの取り分,相続分を計算するのは簡単です。次のとおり順番に考えていくだけで,あたの相続分を正しく判断できます。どうぞやってみてください。

  1. 法定相続人を判断する
  2. 次の「組み合わせ」に当てはめて全体の割合を出す
  3. 最後に次の「ルール」を当てはめて調整する

組み合わせ)

  • 配偶者と子の場合は半分ずつ
  • 配偶者と直系尊属(両親など)の場合は,配偶者2/3,直系尊属1/3
  • 配偶者と兄弟姉妹の場合は,配偶者3/4,兄弟姉妹1/4

ルール)

  • 配偶者がいない場合は,相続人で平等に分ける。
  • 配偶者以外の相続人の中では平等に分ける。
  • ただし,兄弟姉妹が相続人になる場合だけ,両親が同じ人と,片親だけが同じ人で差をつける。片親だけの人は半分になる。
  • 代襲相続人の相続分は,もとの人の相続分と同じ。代襲相続人が何人かいるときは,もとの人の相続分を平等に分ける。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

家庭裁判所で手続した相続放棄を取り消すことができるケースをご紹介します

もしかしてあなたは,司法書士に頼んで家庭裁判所に相続放棄の手続をしたけど,それを取消ししてなかったことにしたいと考えていますか? もしそうなら,あなたが相続放棄をなかったことにしたい理由は次の事例のどちらに近いですか? …続きを読む

法定相続分は絶対?相続分が変更になる四つのケースとは?

これを読まれているあなたは,将来自分が相続人となって遺産相続をする場合に備えて相続分について考えているかもしれません。又はじっさいにもう遺産相続の問題が起こっていて,遺産分けの話し合いのために,あなたの取り分,つまり相続 …続きを読む

行方不明の相続人がいる場合に遺産分け(遺産分割)をする具体的な方法

こういうケースを想像してみてください。 父親が死んだ。遺産として,住宅と預貯金がある。 相続人に配偶者である母と,あなた,そして兄弟が2名いる,,,はずだが,,, うち1名が長い間行方不明で連絡を取っていない。 母と連絡 …続きを読む

行方不明の相続

必見!家業を遺産相続(後継ぎ)する人が絶対知っておくべきポイント

事業をやっていた父親が亡くなって,今すぐ事業の引継ぎをしていかないといけない場合があります。また,事業をやっている父親がそろそろ弱ってきて,あなたがその後継ぎになる予定だということもあるでしょう。 さて,もう事業を引き継 …続きを読む

遺産相続の話合い(遺産分割)でもめたら次にするべきこと!

「親父の相続について兄弟で話合いをしたけど,どうやら話がまとまりそうにないな」とか,「長男が遺産を全部握ってしまって,何にも言ってこないけど,このままじゃ相続の話が進まないじゃないか」とかいう感じで,あなたは遺産分けの遺 …続きを読む