相続大全集

3か月を過ぎたら相続放棄できないとあきらめていませんか?

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「しまった!3か月過ぎてるじゃないか!」

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

相続したけど借金ばっかりで相続放棄をしたいと思うけど,3か月以内にしないといけないと聞いてあなたは青ざめていませんか。

相続の放棄は原則として3か月以内にしなければいけません。これは事実です。ただし,場合によっては3か月を過ぎても相続放棄ができる場合があります。あなたがそんなケースに当てはまっていれば,今から急いで裁判所に相続放棄の書類を出せば,受け付けてもらえるかもしれません。

そこで,どんなケースなら3か月を過ぎても相続放棄ができるのか,このことについて説明します。

 

そもそも法律はどうなっている?

相続を認めて相続人になるか,それとも放棄をして相続からはずれるかという問題のことを,「相続の承認及び放棄」といいます。相続の承認及び放棄について,民法には次のように書いてあります。

民法915条1項
相続人は,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に,相続について,単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。

条文を見てください。3か月という期間は,人が亡くなった時から計算するんじゃありません。「自己のために相続の開始があったことを知った時」から計算します。もう少し詳しく見ていきます。3か月の期間は,次のことを両方知った時から計算するんです。

  • 相続の開始
    相続の開始とは,人が死んだ時のことです。相続は人の死亡によってだけ開始するからです。要するに,あなたが被相続人が死んだのを知ったのはいつかが問題です。
  • 自己のために
    被相続人が死んだからといってあなたが相続人になるとは限りません。例えば,親も子もいるAさんが死んだとき,子が生きていれば子が相続人になります。しかし子はAさんより先に死んでいたとします。そうすると,Aさんの親が相続人になりますが,その親が,Aさんの子がもう死んでいることを知らなかったとします。Aさんが隠していたような場合です。この場合,その親は,Aさんが死んだことを知っていても,自分が相続人になると思っていないから,自己のために相続が開始したことを知っているとは言えません。Aさんの子が死んでいるのを知ったときが,自己のために相続が開始したことを知った時です。
    このように,相続放棄ができる期間の3か月は,被相続人が死んだ時から計算するのではありません。逆にいうと,被相続人が死んでから3か月過ぎていても,以上のようなことを知らなければ,何の問題もなく相続放棄ができます。

 

被相続人が死んだこと,自分が相続人になること,両方知ってから3か月過ぎているのにまだ相続放棄ができるケース

あながた,被相続人が死んだことを知っていた。そして自分が相続人の関係になることも知っていた。そしてその時点から明らかに3か月を過ぎている。そのような場合も,まだまったく相続放棄をあきらめることはありません。

相続放棄ができる期間に関しては,昭和59年4月27付の有名な最高裁判決があります。この判決で,裁判所は次のように言いました。

「被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり,かつ,被相続人の生活歴,被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて,その相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があって,相続人において上記のように信じたことについて相当な理由があると認められるときには,相続放棄の熟慮期間は相続人が相続財産の全部または一部の存在を認識した時,または通常これを認識しうるべき時から起算すべきものである」

そもそも法律で,相続放棄をする期間を3か月と決めているのは,その程度の時間があれば通常財産の調査ができるし,その程度の期間何の行動もしないでほうっておいたのであれば,仮に債務があったとしても,その債務を支払っていくつもりなんだと考えることができるからです。

とすると,逆に言えば,3か月が過ぎていても,そういう推測をするのに無理がる場合は,相続放棄を認めても差し支えないということです。判決もそういうふうに言っています。

判決は少し難しいので,もう少し分かりやすくしましょう。あなたが次の要件に当てはまる場合は,3か月過ぎていても,相続放棄の手続をする価値が十分にあると言えます。

  • 借金があるとはまったく知らなかった(遺産がまったくないと思っていた)
  • 知りうる状況になかった

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

遺言書で財産をもらった人が遺言書(遺贈)を放棄する方法を説明します

日本の相続制度は遺言相続が優先することになっています。つまり被相続人が遺言書で遺した遺志が一番大事で,遺言がない場合にはじめて法定相続の法律の規定によって遺産相続が処理されます。また,遺留分など,遺言書によっても奪うこと …続きを読む

包括遺贈の放棄 特定遺贈の放棄

遺産分け(遺産分割)マニュアル!「いつ」「どこで」「誰が」「どうやって」

相続人が誰で,それぞれの相続分の割合は分かったけど,そっからどうしたらいいの?誰がどの財産を相続するのかどうやって決めたらいいのか分からない?という場合があります。 相続人の相続分の割合が分かっただけでは相続の手続は前に …続きを読む

遺産分割調停の話合いを家庭裁判所に申請(申立て)する方法

共同相続人で遺産をどう分けるか話合いがまとまらない場合,仕方がないので家庭裁判所に場所を移して再度話合いをします。このまま相続人だけでやっていても進展せず,したがっていつまで経っても相続財産は自分のものにならないからです …続きを読む

奈良王寺の司法書士に遺産分割調停を相談依頼

必見!家業を遺産相続(後継ぎ)する人が絶対知っておくべきポイント

事業をやっていた父親が亡くなって,今すぐ事業の引継ぎをしていかないといけない場合があります。また,事業をやっている父親がそろそろ弱ってきて,あなたがその後継ぎになる予定だということもあるでしょう。 さて,もう事業を引き継 …続きを読む

小さい子が相続人になっている場合に親(親権者)が正しく遺産分けをする方法

親族関係 被相続人(亡くなった人)=45才の若いお父さん 相続人=42才のお母さんと,20歳の長男そして歳の離れた12歳の長女 遺産 住宅(住宅ローン付)と預貯金が100万円ほど こういう相続を考えてみてください。まだ小 …続きを読む

親権者と子との利益相反