相続大全集

3か月を過ぎたら相続放棄できないとあきらめていませんか?

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「しまった!3か月過ぎてるじゃないか!」

相続したけど借金ばっかりで相続放棄をしたいと思うけど,3か月以内にしないといけないと聞いてあなたは青ざめていませんか。

相続の放棄は原則として3か月以内にしなければいけません。これは事実です。ただし,場合によっては3か月を過ぎても相続放棄ができる場合があります。あなたがそんなケースに当てはまっていれば,今から急いで裁判所に相続放棄の書類を出せば,受け付けてもらえるかもしれません。

そこで,どんなケースなら3か月を過ぎても相続放棄ができるのか,このことについて説明します。

 

そもそも法律はどうなっている?

相続を認めて相続人になるか,それとも放棄をして相続からはずれるかという問題のことを,「相続の承認及び放棄」といいます。相続の承認及び放棄について,民法には次のように書いてあります。

民法915条1項
相続人は,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に,相続について,単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。

条文を見てください。3か月という期間は,人が亡くなった時から計算するんじゃありません。「自己のために相続の開始があったことを知った時」から計算します。もう少し詳しく見ていきます。3か月の期間は,次のことを両方知った時から計算するんです。

  • 相続の開始
    相続の開始とは,人が死んだ時のことです。相続は人の死亡によってだけ開始するからです。要するに,あなたが被相続人が死んだのを知ったのはいつかが問題です。
  • 自己のために
    被相続人が死んだからといってあなたが相続人になるとは限りません。例えば,親も子もいるAさんが死んだとき,子が生きていれば子が相続人になります。しかし子はAさんより先に死んでいたとします。そうすると,Aさんの親が相続人になりますが,その親が,Aさんの子がもう死んでいることを知らなかったとします。Aさんが隠していたような場合です。この場合,その親は,Aさんが死んだことを知っていても,自分が相続人になると思っていないから,自己のために相続が開始したことを知っているとは言えません。Aさんの子が死んでいるのを知ったときが,自己のために相続が開始したことを知った時です。
    このように,相続放棄ができる期間の3か月は,被相続人が死んだ時から計算するのではありません。逆にいうと,被相続人が死んでから3か月過ぎていても,以上のようなことを知らなければ,何の問題もなく相続放棄ができます。

 

被相続人が死んだこと,自分が相続人になること,両方知ってから3か月過ぎているのにまだ相続放棄ができるケース

あながた,被相続人が死んだことを知っていた。そして自分が相続人の関係になることも知っていた。そしてその時点から明らかに3か月を過ぎている。そのような場合も,まだまったく相続放棄をあきらめることはありません。

相続放棄ができる期間に関しては,昭和59年4月27付の有名な最高裁判決があります。この判決で,裁判所は次のように言いました。

「被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり,かつ,被相続人の生活歴,被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて,その相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があって,相続人において上記のように信じたことについて相当な理由があると認められるときには,相続放棄の熟慮期間は相続人が相続財産の全部または一部の存在を認識した時,または通常これを認識しうるべき時から起算すべきものである」

そもそも法律で,相続放棄をする期間を3か月と決めているのは,その程度の時間があれば通常財産の調査ができるし,その程度の期間何の行動もしないでほうっておいたのであれば,仮に債務があったとしても,その債務を支払っていくつもりなんだと考えることができるからです。

とすると,逆に言えば,3か月が過ぎていても,そういう推測をするのに無理がる場合は,相続放棄を認めても差し支えないということです。判決もそういうふうに言っています。

判決は少し難しいので,もう少し分かりやすくしましょう。あなたが次の要件に当てはまる場合は,3か月過ぎていても,相続放棄の手続をする価値が十分にあると言えます。

  • 借金があるとはまったく知らなかった(遺産がまったくないと思っていた)
  • 知りうる状況になかった

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

「死んだら全部お前にやる」と口頭で遺言してもらっても無効だと知っていますか?

同居していた父が亡くなりました。父は生前私を一番可愛がってくれており,同居していたこともあって,「俺が死んだら財産は全部お前にやる。俺の財産はお前のものだ」と言っていました。特に亡くなる間際は頻繁にそのように言っていまし …続きを読む

兄弟仲が悪い場合は親に絶対遺言書を書いてもらうべき理由

ここでのお題は,「兄弟仲が悪い場合は親に絶対遺言書を書いてもらうべき理由」です。兄弟仲が悪いときは親に絶対遺言書を書いてもらったほうがいいと,そいうことです。 親がいて,子供が複数人いて,その兄弟仲が悪いということですか …続きを読む

兄弟仲が悪いと相続で揉めるので遺言書を作る

家で遺言書を見つけたときに必ず最初にすべきことを知っていますか?

両親に手書きの遺言書を書いてもらって,あなたが手元に保管しているとします。又は,両親が手書きの遺言書を書いてテレビ台の下に保管していると聞いていたので,両親の死後,あなたその遺言書を確かに発見して手元に置いているとします …続きを読む

家庭裁判所で自筆証書遺言書の検認

遺言執行者が指定されてないと困ってしまう理由

遺言執行者とは遺言書の内容を現実化する人。遺言書のとおりに遺言者の意思を実現するひと。遺言書に書いてるとおり手続きする人のことです。遺言を執行するから遺言執行者といいます。遺言書で財産をもらうなら遺言執行者を必ず指定して …続きを読む

遺言執行者がいないと困ること

節税対策(相続対策)は早い者勝ち?その理由について説明します

相続対策は早いほうがいい!節税は早いほど効果的!よくテレビや雑誌,インターネットでそのように言われているのを見聞きします。相続税の法律が改正されて,基礎控除額が大幅に引き下げになってから,節税対策についての情報があふれて …続きを読む

節税対策(相続対策)は早く始めるほうが有利