相続大全集

絶対厳守!!相続人になるかならないか決める期間と期限

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ある人が亡くなって,葬儀などのすぐしないといけないことが終わったら,あなたは大変疲れていると思います。身内の人が亡くなって大変悲しかったり,葬儀などの段取りをしなければいけなかったりで気を張っていた時期が過ぎると,肉体的な疲れがどっと出て何もする気が起きなくなってしまうかもしれません。

しかし,法律はそれを許してくれません。遺産相続の手続の中でも,かなり深刻で重要な決断を,それほど遠くない時期にしなければいけません。

ずばり,決断の期限は3か月です。正確には,自分のために相続が開始したことを知ったときから3か月以内です。

何を決めるのか。それは,「あなたは相続人になるのかならないのか」ということについてです。言い換えれば,「そもそもあなたは,この相続手続に,当事者として関わっていくんですか,そうでないのですか」という意味のことについてです。

このことを法律上,「相続の承認及び放棄といいます。民法の条文を見てみましょう。

民法915条1項
相続人は,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に,相続について,単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし,この期間は,利害関係人又は検察官の請求によって,家庭裁判所によって,伸張することができる。

相続の承認放棄は,「単に遺産がいらない」とか「この遺産はいらない」とかいうことを決めるものではありません。遺産の分け方を決めることを遺産分割といいますが,遺産分割をするのは,そもそも相続人になっているからです。遺産分割をどうこういう前提として,まず「そもそも相続人になるのかならないのか」を決めないといけないのです。相続を放棄して相続人からはずれれば,遺産分割のことを考える権利も義務もなくなります。そもそも関係者から除外されるのです。

順番としてはこうです。

・相続の承認

遺産分割

さて,それほど重要な相続放棄は,さきほど言ったように,3か月以内にしなければいけません。決断を,3か月以内にしなければいけないのです。

ただし,その3か月を絶対に厳守しなければいけない場合と,それほど意識しなくてもいい場合があります。この点について,ここで説明しておきます。

 

期限を絶対守らないといけない場合

「相続放棄」をする場合と,「相続の限定承認」をする場合は,絶対に期限を厳守しなければいけません。絶対にです。相続の限定承認は少しむずかしいので,次から相続放棄のことを前提にお話します。

なぜ相続放棄をする場合は,期限を絶対厳守する必要があるのか。それは,手続の方法が決まっているからです。具体的には,家庭裁判所に書類を出してしなければ相続放棄をしたことにならないからです。「俺は放棄した」と口で言ったり,「俺は放棄するよ」と自分で書類を書いたりしても,それは法律上相続放棄をしたことになりません。家庭裁判所に書類を出さなければならない以上,出したか出してないかがはっきりするので,絶対に期限を厳守しないといけないのです。

ではそもそも相続放棄とは何でしょう。相続放棄とは,「相続人にならない」という選択をすることです。なんで相続人にならないという選択をするか。それは多くの場合,遺産がマイナスで,借金がたくさんあるような場合に,借金を背負いたくないからです。誰しも自分でこしらえたわけではない借金を支払うのは嫌だからです。相続放棄をすれば,そもそも相続人ではなくなるので,当然借金も支払わなくてすみます。

もうお分かりですね。3か月の期限を守らないといけないのは,借金を背負わないといけないのか,まったく無関係でいられるのかは,ちゃんと相続放棄の書類を期限内に裁判所に提出したかによってすべて決まるからです。これは大変なことです。遺産に借金が多くて,相続放棄をする場合は,期限を絶対に守らないといけない場合に当てはまります。

 

それほど期限を気にしなくてもいい場合

明らかに遺産が多くて,あとは分け方をどうするかを決めればいいときは,それほど期限を気にする必要はありません。このような場合,あなたは当然相続人になることを選ぶでしょうが,相続人になることを選ぶことを,法律上,「相続を承認する」といいます。

相続を承認するのに特別な手続は要りません。口で言うだけで十分です。「俺は相続を承認した!」と。まあこんなことをいう人はいませんね。でも口でこんなことを言っている人はいませんね。実は,次のような場合には,法律上,勝手に相続を承認したとみなされるんです。だからみんな実際何もしていなくて問題ないのです。

  • 相続人が遺産の全部又は一部を処分したとき
  • 相続放棄や限定承認を裁判所に出さずに3か月過ぎたとき

遺産を早々と使ってしまったり,何もしないでほうっておけば,勝手に相続を承認したことになります。だから相続を承認するときは,それほど期限を気にしなくてもいいのです。

 

期限をのばせる場合

以上見てきたように,結局相続を承認するのか放棄するのは,遺産がプラスなのかマイナスなのかということが一番の判断材料になります。そうだとすれば,相続の承認放棄を判断する前に,遺産の調査をしないと始まらないはずです。

遺産が単純で少ない場合はいいですが,遺産が大きかったり複雑な場合は,3か月では十分よく分からないこともあります。そんな場合には,この3か月の期間を延ばしてもらうよう裁判所にお願いすることができます。理由があれば裁判所は認めてくれます。

しかし注意しなければいけないのは,少なくとも,期間を延ばしてくれという裁判所への請求を,3か月以内にしなければいけないことです。期間を過ぎてから,後出しをしてもだめです。3か月を過ぎると,すでに相続を承認したとみなされているからです。

 

まとめ

人が亡くなって3か月というのは大変短い期間です。驚くほどすぐにやってきます。まず3か月という期間に決めないといけないいうことを覚えておいてください。そして,放棄をする場合は裁判所に書類を出さないといけないこと。「要らない,関係ない」から,「何もしなくていい」のじゃありません。「要らない,関係ない」からこそ,「具体的なアクション」を起こさなければいけない仕組みになっています。注意してください。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

親に都会に引っ越ししてもらうと相続税の節税対策になる

親など将来の遺産相続において相続税のかかる人が,いまより相続税評価の高い都市部等に新たに自宅を購入して引っ越すと相続税の節税になります。 なぜなら 自宅については,相続税の財産評価の計算において,330㎡を上限とし,80 …続きを読む

親に都会に引っ越してもらうと小規模宅地の特例で相続税の節税対策に

市役所(市町村役場)への死亡届の出し方などについて詳しく説明します

人が死んだら,まずもって,死亡届を提出しないといけません。   なぜ? 形式的には,そのように戸籍法で決まっているからです。 実質的には,死亡届を提出して役場に死亡の事実を知らして,戸籍に記載してもらわないと, …続きを読む

死亡届の出し方

いますぐに親の生前贈与の相手を子供から孫に切り替えたほうがいい理由

いまあなたは親から毎年110万円(111万円?)の生前贈与を受けていますか?もしかするとあなたは親の立場で,息子や娘に,毎年110万円の生前贈与をしていますか?それって何のために?   節税対策のために毎年する …続きを読む

3年以内の贈与は孫にして節税対策を

親の遺言書が2通出てきたらどっちが有効か知っていますか?

父親が死んで家の片付けをしていたら,テレビボードの中から1通,タンスの中から1通,全部で2通の自筆証書遺言が出てきました。両方父親が書いたものに間違いありません。確かに父親の自書したものです。日付も氏名も印鑑も押してあっ …続きを読む

2通の遺言書 どちら

遺留分がいらないときに遺留分を放棄する方法について説明します

私は次男です。私には兄が一人だけいます。田舎に両親がいます。私は東京で仕事をしていますが,長男である兄は地元で家業を手伝っていて,将来家業を継いで二代目の社長になる予定です。といっても,小さな同族の自営業なんですが,,父 …続きを読む

遺留分の放棄