相続大全集

もし親の死後に子供などの相続人が親名義の預貯金を銀行に黙って引き出したらどうなるか

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

死後親の預金を銀行から引き出す

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

 

そもそも銀行に預金者が死んだことを黙って(隠して)引き出すことができるか

事実上できるでしょう。可能なはずです。

田舎のゆうちょ銀行や信用金庫であってすぐに親が死んだことが知れているなら別段,通常死亡した事実や,死亡届が提出された事実が,役所等を通じて銀行に通知されることはなく,したがって相続人が銀行に相続申請をしないと親が死んだことは分からないからです。

銀行に親が死んだことが分からなければ,通帳と印鑑(届出印)持っていけば銀行は窓口での払戻しに応じるはずです(金額にもよる)。またATMからカードで引き出せば難なく出金ができるでしょう。

 

引き出した人の法的な責任はどうなるか

民事上の問題

黙って引き出してよいのか悪いのか

引出しや出金ができるかどうかということと,それがいいことか悪いことかということは別問題です。親が死んで,共同相続人がほかにもいるのに,子供の一人が預金を引き出す行為は悪い行為です。いや悪いというか,本来であればやるべきではない,やってはいけない行為に該当します。

銀行との預金契約上も,預金者が死んだら銀行に報告すべきですし,預金は遺産分割の対象になる相続財産であって,他の相続人にも相続分があるので,子供の一人が勝手に引き出すのは問題があるというものです。

お金を使ってしまったらどうなるか

さて,ここから少し場合分けをして考えてみます。もし,預金を引き出した子供の一人がそのお金を使ってしまったらどうなるでしょうか。

法定単純承認になる

出金したお金は間違いなく相続財産ですから,それを自分のために使ってしまったらまずいです。

どうまずいか。まずもって,お金を使ってしまったことは,相続財産の処分に該当するので,法定単純承認の原因事実となります。法定単純承認とは,相続を全部認めて引き受けること。つまり借金があろうと何しようと,今後もう相続放棄はできずに,単純承認をしたと見做されてしまうことです。相続人は,相続の開始を知ってから3か月間は,相続を承認するか放棄するか選べるんですが,相続財産を使っておいて借金だけ放棄するなどということは認められないからです。なので,両親に借金があるようなケースで,勝手に引き出した預金を使ってしまうのは厳禁ですね。

(法定単純承認)
民法921条  次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
一  相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二  相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三  相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。

もっとも,引き出した親の預金を次のようなことに使ってしまった場合は,民法921条1項1号の「相続財産の全部又は一部を処分したとき」に当たらないとする判例や裁判例があります。もっとも,支出する金額は社会通念上常識的なレベルにとどめておかないといけませんが,,,(社会通念はときところによって変わるものですし,形式的には921条の処分行為にあたりますので,できるならやらないほうがいいでしょう)

  • 葬儀代
  • 仏壇や墓石の購入
他の相続人の相続分については当然返さないといけない

また,出金して使ってしまった金額が,出金した相続人の相続分を超える場合,これは当然他の相続人に返さないといけなくなります。当たり前の話ですね。

遺産分割で現金を相続する人に返すしかない(なんとかお金を工面する)

どうやって返すか。それは決まっています。お金は使ってしまってもう手元にないわけですから,自分のお金から返すしかないです。自分のお金もなかったら,借金してでも返すほかありません。遺産分割で遺産の割振りが決まって,そのお金の全部又は一部を相続するしかるべき相続人が決まったら,その人に速やかにお金を返してあげてください(支払ってください)。

渡さなければ,不当利得又は不法行為の請求を受ける

親の預金を出金した人がしかるべき相続人にお金を渡さなければ,そのお金をもらうべき相続人は,出金した相続人に対して,相続したお金を払えと請求できます。遺産分割前は遺産分割そのものの請求として(場合によっては遺産確認の訴え(遺産確認訴訟)提起が必要?),遺産分割後は不当利得返還請求権の行使又は不法行為による損害賠償請求権の行使として。

(遺産の分割の協議又は審判等)
第民法907条  共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる。
2  遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができる。
3項略

(不当利得の返還義務)
同703条  法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

(不法行為による損害賠償)
同709条  故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

 

お金をそのまま持っていたらどうなるか

遺産分割まで持っているしかない,銀行に一旦戻す??

少し想定する事実関係を変更してみます。親の預金を引き出してはみたものの,そのお金は使わずに家に置いてあるという場合です。出金したが使ってないと,そういう場合です。

このお金。銀行に再入金しますか?それとも振込送金しますか?それはそれで,厳密にいうとややこしい問題が生じそうです(あまり突っ込んで理屈をいうのはよしますが)。なので,その出金したお金は,出金した相続人が,遺産の管理者としてしばらく手元に保管してはどうでしょうか。もっとも,勝手にお金を出金したことが分かって相続人で紛争が起こるようなら,また別の管理方法を検討する必要がありますが。

遺産分割が済んだら他の相続人に取り分を渡す

そして,共同相続人で遺産分割(遺産の分け方を決めること)が終わったら,お金を相続するべき相続人に,保管しておいたお金を渡します。出金してしまったけど手元にお金があるよと共同相続人に伝えておく。そして,そのお金もちゃんと相続財産の一部であることを共通理解にする。遺産として認める。そのような前提条件に立って,共同相続人の全員で遺産分割をする(まずは話合いの遺産分割協議)。決まったら速やかに取り分を渡してあげる。そのような処理です。

なお法定単純承認には当たらない

お金を引き出す行為は先ほどの法定単純承認にあたらないのか?という問題があります。この点,おそらくは引き出しただけでは法定単純承認事由の「財産の処分」には該当しないでしょう。私はそう考えます。ややこしいので,どうせ戻すなら出金などしなければいいんですけどね(笑)

親の預金を引き出す人

刑事上の問題

窃盗や横領になるように思える

今度は刑事の話です。よくこのような問題について相談されるお客様がおっしゃることがあります。それは,「あの人が死後に預金を出金して使ってしまってるのは窃盗罪や横領罪になるんじゃないのか!告訴したい!」ということ。確かに一見そんな感じがします。

(窃盗)
刑法235条  他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

(横領)
同252条  自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。
2項略

この条文を見ると,相続人の一人が出金したお金を使ってしまう行為は,上記窃盗罪や横領罪の構成要件に該当するように見えます。しかしそういうことにはなっていません。

親族相盗例を知っていますか?

実は,日本の刑法には,別に条文があって,親子や同居の親族の間で行われるこれらの行為については,その刑が免除されることになっています。犯罪そのものが成立しないのか,犯罪は一応成立するが刑罰を受けないだけなのかついては争いがありますが,とにかく親の預金を引き出して使ってしまった相続人に対して窃盗罪や横領罪の刑罰を問うことはできないのです。

このような刑法の規定のことを,親族相盗例と呼びます。その趣旨は,「法は家庭に入らず」というローマ法依頼の伝統?親族間では財産がごっちゃになっていて窃盗や横領といえるか判別しにくい??など,いろいろ説明されています。今後もこの仕組みを維持すべきかは難しいところですが,とにかくいまの法律では,親子や同居の親族を窃盗罪や横領罪で告訴することはできないと覚えておいてください。

窃盗罪については

(親族間の犯罪に関する特例)
刑法244条  配偶者、直系血族又は同居の親族との間で第二百三十五条の罪、第二百三十五条の二の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯した者は、その刑を免除する。
2  前項に規定する親族以外の親族との間で犯した同項に規定する罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
3  前二項の規定は、親族でない共犯については、適用しない。

横領罪については

(準用)
同255条  第二百四十四条の規定は、この章の罪について準用する。

横領罪も窃盗罪の規定を準用しています。同じ取扱いだということです。

 

引出しに応じてしまった銀行の責任はどうなるか

当事者の責任の問題はよしとして,第三者の責任を追及することはできないか。すなわち間違ってお金を渡すべきでない相続人に渡してしまった銀行に責任はないか考えてみます。

結論から言って,銀行に責任はありません。あくまで法的な責任はないと言わざるを得ません。

銀行預金というのは,銀行と,預金者との間の,預金契約という名の消費寄託契約であると考えられています。お金を預けるけど銀行が使っちゃっていいよ,出金するとき同じお金を返してくれるならOK,とそういう契約です。銀行はこれにより預金を貸出しや投資に回しています。

さて,預金契約は契約なので,当事者間の法的紛争は,まずもって契約により処理されます。つまり契約書の文言によって処理されるのです。

今回の預金引出し事例に関する預金契約(約款)はどうなっているでしょうか。この点普通の銀行約款では,「通帳と印鑑を持って引出しに来た人に支払いをした場合銀行に責任はないよ」となっています。預金約款は契約書なので,この規定によれば銀行に責任はありません。ATMの利用についても同じような契約があります。偽造や盗難ではない正規のカードで出金された場合銀行には責任はありません。

また,仮にこのような銀行取引約款(契約書)がなかったとしても,法律と判例によって,銀行の責任は免除されます。なので,いずれにしろ,今回の事例について,銀行の責任を追及することはできません。

(債権の準占有者に対する弁済)
民法478条  債権の準占有者に対してした弁済は、その弁済をした者が善意であり、かつ、過失がなかったときに限り、その効力を有する。

債権の準占有者とは通帳と印鑑を持って出金に行った相続人です。銀行は,預金名義人が死亡した事実を知らず,知らないことに無過失であれば,払い出しを有効とされ,民事責任を負いません。通帳と印鑑の所持者は債権の準占有者(いわゆる,債権者っぽい人)に該当します。銀行は預金名義人,この場合の親が死んだことを知らないし,知る由もないので,善意無過失と言えるのです。

 

まとめ

長くなりましたが次のようにまとめをしておきます。

■本来引出し(出金)自体やらないほうがいいですよ

■しかし,もう引き出している場合,,,

  • 使わずに手元に保管して,それを他の相続人に明らかにし,遺産分割したら取り分を渡してあげましょう
  • もし使うなら葬儀代や,お墓,仏壇の購入くらいにしておきましょう
  • 万一その他のことに使ってしまったら,法定単純承認になるのは避けられません。もはや相続放棄はできません。そして,たとえ手元にお金がなくても,他の相続人が相続すべき部分は返さないといけません。

■引き出した相続人を窃盗罪や横領罪で告訴することはできません。

■また,間違ってお金を渡してしまった銀行等の金融機関の責任を問うこともできません。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

なぜ親を介護したら相続分が増えるのか知っていますか?

あなたは長年親と同居して面倒を見てきました。あなたが50歳を超えて仕事が一番大変なときに,父親が大病をしてほとんど家で寝込むようになってから,配偶者といっしょに父親の生活を支え,高額の医療費や日用品の購入費など,ほとんど …続きを読む

相続する家(住宅)のリフォームは親名義で早くやってもらう!これが相続税の節税になる理由

最近の親子の会話 親) この家もだいぶ傷んできたなあ。もう築30年になるものなあ,,長男もこの家に住むということだし,リフォームでも考えようかな。そうだ,最近よくリフォームのチラシが入ってるから,来週にでも見に行ってこよ …続きを読む

生きているうちに親名義で親のお金でリフォーム

自分で書いた自筆証書遺言は開封しないで早く家庭裁判所で検認してもらう

親など被相続人が自分で書いた自筆証書の遺言書が見つかったら,なるべく早く管轄の家庭裁判所に持っていって,自筆証書遺言の検認手続をする必要があります。   自筆証書遺言の検認とは何か 自筆証書遺言の検認とは,公正 …続きを読む

自筆証書遺言の検認を家庭裁判所に申請

いまさら聞けない相続人の取り分・相続分をハッキリ確認する

相続が開始して,あなたが相続人になっていると考えられる場合,次に考えないといけないのは,あなたの取り分,相続分は,どれくらいになるのかということです。 あなたは今,自分が相続人になっていると考えていますが,本当にその判断 …続きを読む

家庭裁判所で手続した相続放棄を取り消すことができるケースをご紹介します

もしかしてあなたは,司法書士に頼んで家庭裁判所に相続放棄の手続をしたけど,それを取消ししてなかったことにしたいと考えていますか? もしそうなら,あなたが相続放棄をなかったことにしたい理由は次の事例のどちらに近いですか? …続きを読む