相続大全集

住宅を買うときに親から贈与を受けるとダブルでおすすめな理由

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

住宅購入時に親から贈与を受けると贈与税や相続税がお得

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

  • もしあなたが相続税の基礎控除額を超えるような資産を所有していて,かつキャッシュに余裕があるなら,子供が住宅を買うときに資金を贈与してあげてください(家を買ってあげる)。
  • もしあなたの親に相続税の基礎控除額を超えるような資産があり,現預金に余裕があるようなら,あなたが住宅を購入するときに,是非親の援助を受けるようにしてください(家を買ってもらう)。

 

なぜなら,親から住宅購入資金の贈与や援助を受けることはダブルでお得だからです。

それは,,,

  1. 子供の生活が楽になり,自分では買えない住宅を買うことができ,場合によってはワンランク上の住宅を手に入れることができるから
  2. 生前贈与に贈与税がかからないので,親について効果的に相続税の節税対策ができるから

さて,1については説明不要でしょう。では,2についてはいかがでしょう。この点について簡単に説明してみます。

 

節税対策の基本は生前贈与

相続税は一定の資産を相続したときに課税される税金であり,資産が多ければ多いほど税率も税額の負担も増加します。また相続税には基礎控除額というものがあり,一定レベルの資産まで無条件で相続税がかからない仕組みもあります。親が亡くなるまでにできる限り資産(将来の遺産)を減らすのが相続税の節税対策の最重要ポイントです。そして,親の資産を減らすには,何より生前贈与です。

 

生前贈与で注意すべきは贈与税

分かりやすいところで,毎年,贈与税の基礎控除額の範囲内となる110万円を贈与していくという方法があります。また,収益を生む財産を先に生前贈与して親の資産の蓄積を防ぐなどいろんなやり方があります。それはそうと,どのような手法をとるにせよ,注意しなければいけないのは,割に合わない贈与税を支払わないことです。死後の財産移転にかかるのが相続税とすれば,生前の財産移転にかかるのが贈与税(贈与税は相続税法の中に規定されている)。贈与税は相続税よりも税率が高いので,むやみに生前贈与をすると逆に損します。つまり贈与税がかからないか,贈与税の負担を比較的軽減できる生前贈与があれば,それは相続税対策にもってこいの生前贈与だと言えます。そういう贈与がいくつかあります。

 

家を買うための贈与(住宅取得資金の贈与)は一定額まで非課税

親(お父さん,お母さん)や祖父母(おじいちゃん,おばあちゃん)といった直系尊属から住宅取得に関する生前贈与を受けた場合,一定の金額まで贈与税が非課税になります。つまり贈与税が1円もかかりません。その一定額については,税法の改正によって金額が都度,時限的に変わります。いま,近い将来住宅購入の予定がある方は,以下リンクより,国税庁のWEBサイトで確認してみてください。

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

平成27年1月1日から平成33年12月31日までの間に、父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等(以下「新築等」といいます。)の対価に充てるための金銭(以下「住宅取得等資金」といいます。)を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、次の非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります(以下、「非課税の特例」といいます。)。

 

住宅取得資金贈与はダブルでお得

繰り返します。両親や祖父母から子供や孫に,住宅取得に伴う資金の生前贈与をすることは,以下の二つのメリットがあります。

  1. 子や孫が自分で買えない家を買える。生活が楽になる。ワンランク上の家を買える。
  2. 贈与税がかからず,効果的に相続税の節税対策ができる。

宜しいでしょうか。あ,そうです。これらメリットの副産物として,もう一つとても大きなメリットが得られるかもしれません。それは,,,

親が子に大変感謝され,家族の人間関係や信頼関係が強くなる。

もしかしたらこちらのほうが大事かもしれませんね。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

遺言書は法定相続より優先するって本当?その答えと理由を説明します。

お父さんが死んだ。遺言書があった。その遺言書,,,こういう内容だったらどうだ? 「私の遺産の全部を,愛田深子(愛人)さんに遺贈する」 とか 「私の遺産の全部を,次男に相続させる(ちなみにあなたは長男)」 何!!そんなこと …続きを読む

遺言相続が法定相続より優先

子供名義のアパートを親名義にして相続税の節税対策をする方法

もう先が長くないだろう親の土地に,子供名義の賃貸アパートを経営していませんか? 土地=親の所有名義 建物(アパート)=子供の所有名義(子供が建築) 権利関係=親が子供に土地を無償で使わせてあげている つまり,親名義の土地 …続きを読む

子供名義のアパートを親名義にして相続税の節税対策をする方法

遺言してもらって人が逆に先に死んだ場合どうなるかお教えします

遺言書 家は長男に相続させる 預貯金は次男に相続させる 年月日 遺言者 中尾哲也 印 このような遺言書を遺して父が急逝しました。私は次男です。母はまだ存命です。いや,,父がまさか遺言書を書いているとは知らなくて,,,長男 …続きを読む

受遺者が先に死亡

使っていない土地(遊休地)には賃貸アパートを建てると相続税を節税できる!

このままだと将来相続税がかかる資産を持っているのに所有している土地を更地のまま放置していませんか?先祖から相続で引き継いだ土地をそのままにして遊ばせていませんか?もし遊休地を持っているなら,その土地に賃貸アパートを建てて …続きを読む

使ってない(余ってる)土地に賃貸アパートを建てて節税対策を!

多額の生前贈与があるときの相続分の具体的な計算方法

たくさん生前贈与をもらっている相続人がいる場合,相続の時に,差し引き計算をして公平にするという話を聞いたことがありますか?そうなんです,法律はそういう仕組みを用意しています。そのような生前贈与を受けた人のことを「特別受益 …続きを読む