相続大全集

生命保険って相続税がかからないと聞いたけど本当??この点について説明します

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

生命保険金には相続税がかかる?

父親の遺産相続のことなんですけど,,,確か父親は大手生命保険会社の死亡保険に加入していて,私が受取人になっているらしいです。俺が死んだら生命保険金が下りるからそれで生活しなさい,「命保険は遺産相続じゃなくて契約でもらえるお金だからきっと相続税もかからないぞ」と言っていました。これは本当ですか?生命保険でもらったお金は金額にかかわらず相続税の対象にならないんでしょうか?申告はしなくていいのでしょうか?

お父さんは死亡保険をかけてくれていて,あなたが受取人になっておられるんですね。それは大変安心ですね。

しかし!

そのお父さんの言い分は嘘です。嘘というか,間違っています。正確ではない,と言ったほうがいいでしょうか。お父さんはおそらく民法に関する判例や裁判例を知っておられて,生命保険金は相続財産じゃないとおっしゃったと思います。それはそれでよいのですが,民法上相続財産であるかどうかということと,相続税法上の相続税の課税財産になるかどうかは別問題です。法律というのは相対的なものなのです。

結論から言うと,あなたが受け取ることになる死亡保険金(生命保険金)のうち,一定額を超えた部分が,相続税法上の「みなし相続財産」として,相続税の課税財産になります。一定額までの部分は,相続税の非課税財産になるので,相続税がかかりません。その一定額は,以下の式によって決まります。

500万円*法定相続人の数=生命保険金の非課税枠

さて,質問に答える形で少しお話が前のめりになりましたので,ここで改めて,生命保険金の相続税法上の取扱いについて整理してみたいと思います。

生命保険金については,二つに分けて考えることができます。よって分類して説明します。

 

父親の相続開始時に保険金をじっさいにもらえる生命保険金

生命保険に関する登場人物を整理してみましょう。

  • 契約者(保険者)
  • 被保険者
  • 受取人

で,,

  • 契約者というのは,生命保険契約を締結して保険料を納めている人です。
  • 被保険者というのは,保険がかかっている人で,この人の死亡によって保険金が支払われる人です。
  • 受取人というのは,文字どおり,保険金を受け取る人のことです。

さて,ここで相続税の対象になる生命保険金とは,契約者と被保険者が被相続人(父親)であって,受取人が相続人のあなたである契約にもとづき支払われる生命保険金です。

この生命保険金は,民法上相続財産ではありませんが,相続税では,みなし相続財産として,非課税枠を超える部分が課税財産になります。財産評価額は,当然ですが,受け取った生命保険金の金額から非課税枠を控除した額です。

 

父親の相続開始時には保険金はもらわない生命保険契約に関する権利

では,生命保険契約がこういう契約の場合はどうでしょう?

  • 契約者が,父親
  • 被保険者が,母親(存命)
  • 受取人が,子供で相続人であるあなた

今度亡くなるのは父親である。この場合,被保険者は母親で存命ですから,父親の相続開始によって生命保険金が支払われることはありません。当然です。しかし,生命保険金を支払っている父親の地位が,相続によって相続人に承継されるはずです。この契約者としての地位や権利は,相続税の課税財産になるのでしょうか?

これは,相続税の課税財産になります。こういう契約者としての地位や権利のことを,相続税法上,「生命保険契約に関する権利」と呼んでいます。生命保険契約に関する権利は,相続税の課税財産になります。この生命保険契約に関する権利の財産評価方法は以下のとおりです。

  • 相続開始の時において当該契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額
  • ただし,解約返戻金のほかに支払われることとなる前納保険料の金額、剰余金の分配額等がある場合にはこれらの金額を加算し、解約返戻金の額につき源泉徴収されるべき所得税の額に相当する金額がある場合には当該金額を減算した金額で評価します。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

国債とか社債にも相続税が?国債社債の相続税評価についてお教えします

父親は定年まで地方公務員として働いてきて,定年後も嘱託という形でつい先日まで仕事をしていました。しかしいよいよ隠居して老後の生活を楽しんでいるようです。父親は昔から職業柄大変堅実で,浮ついたことには一切縁のない人生でした …続きを読む

国債や社債の相続税の財産評価

意外な真実が!親が元気なうちに戸籍謄本を集めておくべき理由についてお教えします

親が死んで相続の手続きをするときに,戸籍謄本やら除籍謄本?やら戸籍附票やら,,いろんな書類を要求されて難儀したと友達から聞いたので,できれば親が元気なうちにちょっとずつそれらの書類を集めて準備しておこうと思うんですが,ど …続きを読む

親の生前,生きているうちに戸籍謄本を収集

素人でもできる相続税の節税対策のリスト(一覧)

近年国の財政が厳しいので(厳しいと政府が言っているので?),いろんな税金が上がる傾向にあります。相続税も例外ではなく,大きなところで,基礎控除額が大幅に引き下げられました。 改正前の基礎控除額=5000万円+(1000万 …続きを読む

相続税対策・節税対策の一覧リスト

遺言書のとおり手続する遺言執行者は誰がどうやって決めるのかお教えします

民法1012条1項 遺言執行者は,相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。 遺言執行者という言葉を聞いたことがありますか?遺言執行者とは,文字どおり,遺言書のとおりに財産に関する手続き等を …続きを読む

遺言執行者は誰がどこでどうやって決める

いま「相続」ということの意味について知っておかなければならない理由

今これを読んでいるあなたは,今まさに両親などが亡くなって遺産相続の手続をしなけれればならないか,又は将来両親などの遺産を相続することが分かっていて,ちょっと相続について調べておかないといけないなと考えている人のどちらかだ …続きを読む

相続とは