相続大全集

先祖代々の農地や山林にも相続税が?が農地や山林の財産価値をお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

農地や山林の相続税の財産評価はどうなる

うちは先祖代々の地主でして,農地や山林を所有しています。確か父親も,祖父の相続の際に,長男として農地等を一括して相続して,名義変更の登記も済ましてあるはずです。私としては,維持管理にコストもかかるし,簡単に売るわけにもいかないし,あまり嬉しくはないのですが,,,これって相続税を考えるときに,財産として評価しないといけないんでしょうか?またどうやって財産評価をするんでしょうか?あんまり高く評価されると困ってしまいます,,

はい,確かに現代では,農地や山林を引き継ぐと大変ですね。しかし,農地や山林の所有権等も財産権ですので,一定の基準にしたがってしっかり相続税の財産評価をされます。農地や山林は,以下のとおりに分類して,それぞれ評価していきます。

 

農地

分類

農地は,相続税の財産評価においては,以下の四つに分類されています。

評価方法

農地の財産評価は次のとおり行います。

純農地と中間農地

倍率方式で評価します。つまり,その土地の固定資産評価額に評価倍率表を掛けて算出します。

固定資産評価額*倍率=純農地・中間農地の財産評価額

市街地農地

宅地批准方式又は倍率方式によって評価します。宅地批准方式とは,その農地が宅地だった場合の価額から,その農地をもし宅地転用する場合にかかる宅地造成費を控除して評価を求める方式です。「その農地が宅地だった場合の価額」は,路線地域内の農地は路線価で,倍率地域内の農地は近傍宅地の固定資産税評価額に宅地の倍率を掛けて求めます。

(宅地とした場合の1㎡あたりの価額-1㎡あたりの宅地造成費)*地積=市街地農地の財産評価額

又は

固定資産評価額*倍率=市街地農地の財産評価額

市街地周辺農地

その農地が市街地農地であった場合の80%(八掛け)で評価します。

市街地農地の財産評価額*80%=市街地周辺農地の財産評価額

 

山林

分類

一方,山林については,次のとおりに分類されます。分類は三つです。

評価方法

純山林と中間山林

倍率方式で評価します。

固定資産税評価額*倍率=純山林・中間山林の財産評価額

市街地山林

宅地批准方式又は倍率方式で評価します。考え方は市街地農地と同じで,もしその山林が宅地だった場合の価額から宅地造成費を引いて求めます。

(宅地とした場合の1㎡あたりの価額-1㎡あたりの宅地造成費)*地積=市街地山林の財産評価額

又は

固定資産評価額*倍率=市街地山林の財産評価額

 

参考)
財産評価基本通達による農地の分類について

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

住宅しか財産がないからこそ親に遺言書を書いてもらったほうがいい理由

親の立場から考える場合,, 私もそろそろ年を取ってきたし将来子どもたちに財産を譲ることを考え始めました。といっても私には自宅のほかに財産がありません。だから,自宅をどうするかを考えているのです。私としては同居してくれてい …続きを読む

いくら?いつ?遺産相続した財産の評価方法を全部説明します

遺産相続について相続人で話し合ったり,相続税がかかるのかどうか考えたりする場合に,遺産の値段をどうやって計算したらいいのか困っていませんか? 遺産相続が起きたら,いろんな場面で,遺産の値段を計算しないといけなくなります。 …続きを読む

遺言書で実の親に認知してもらうメリットと方法について説明します

私は非嫡出子,いわゆる婚外子です。この前亡くなった母は一生独身で過ごしました。父親は近所に住んでおり,妻子があります。つまり私は,父親と母親の不倫によって生まれた子になります。一時は父親や自分自信の不遇を恨んだりもしまし …続きを読む

父の死後遺言書で認知してもらう方法とメリット

いまだからこそ投資用マンションを2戸以上購入して相続税の節税対策と争族対策をする!

親の先がもうそれほど長くないいまだからこそ,投資用のワンルームマンションを複数個購入する節税対策を検討することができます。 資産の圧縮が相続税の節税対策にとって1番重要であること,不動産を購入すると基本的にそれだけで節税 …続きを読む

投資用ワンルームマンションで相続税を節税

節税のスタート!親の財産を把握するのが一番大切である理由

「節税」 節税とは節税対策のこと。ここでは特に,相続税の節税対策のこと。相続税の節税対策をして,相続税を支払わなくてよくしたり,相続税の支払負担を軽減しようとすることですね。このページを見られたあなたは,両親の遺産相続を …続きを読む

親の財産を把握する