相続大全集

先祖代々の農地や山林にも相続税が?が農地や山林の財産価値をお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

農地や山林の相続税の財産評価はどうなる

うちは先祖代々の地主でして,農地や山林を所有しています。確か父親も,祖父の相続の際に,長男として農地等を一括して相続して,名義変更の登記も済ましてあるはずです。私としては,維持管理にコストもかかるし,簡単に売るわけにもいかないし,あまり嬉しくはないのですが,,,これって相続税を考えるときに,財産として評価しないといけないんでしょうか?またどうやって財産評価をするんでしょうか?あんまり高く評価されると困ってしまいます,,

はい,確かに現代では,農地や山林を引き継ぐと大変ですね。しかし,農地や山林の所有権等も財産権ですので,一定の基準にしたがってしっかり相続税の財産評価をされます。農地や山林は,以下のとおりに分類して,それぞれ評価していきます。

 

農地

分類

農地は,相続税の財産評価においては,以下の四つに分類されています。

評価方法

農地の財産評価は次のとおり行います。

純農地と中間農地

倍率方式で評価します。つまり,その土地の固定資産評価額に評価倍率表を掛けて算出します。

固定資産評価額*倍率=純農地・中間農地の財産評価額

市街地農地

宅地批准方式又は倍率方式によって評価します。宅地批准方式とは,その農地が宅地だった場合の価額から,その農地をもし宅地転用する場合にかかる宅地造成費を控除して評価を求める方式です。「その農地が宅地だった場合の価額」は,路線地域内の農地は路線価で,倍率地域内の農地は近傍宅地の固定資産税評価額に宅地の倍率を掛けて求めます。

(宅地とした場合の1㎡あたりの価額-1㎡あたりの宅地造成費)*地積=市街地農地の財産評価額

又は

固定資産評価額*倍率=市街地農地の財産評価額

市街地周辺農地

その農地が市街地農地であった場合の80%(八掛け)で評価します。

市街地農地の財産評価額*80%=市街地周辺農地の財産評価額

 

山林

分類

一方,山林については,次のとおりに分類されます。分類は三つです。

評価方法

純山林と中間山林

倍率方式で評価します。

固定資産税評価額*倍率=純山林・中間山林の財産評価額

市街地山林

宅地批准方式又は倍率方式で評価します。考え方は市街地農地と同じで,もしその山林が宅地だった場合の価額から宅地造成費を引いて求めます。

(宅地とした場合の1㎡あたりの価額-1㎡あたりの宅地造成費)*地積=市街地山林の財産評価額

又は

固定資産評価額*倍率=市街地山林の財産評価額

 

参考)
財産評価基本通達による農地の分類について

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

親の預貯金を間違いなく遺言書で相続する方法をお教えします

今度遺言書を自分で書こうと思うんですがどうやって書いたらいいですか?自宅の不動産はどうやって書いたらいいのでしょう。それから銀行預金とかゆうちょ(ゆうびん貯金)とか証券会社にある株や投資信託なんかはどうやって書いたらいい …続きを読む

預貯金の遺言の注意点

小さい子が相続人になっている場合に親(親権者)が正しく遺産分けをする方法

親族関係 被相続人(亡くなった人)=45才の若いお父さん 相続人=42才のお母さんと,20歳の長男そして歳の離れた12歳の長女 遺産 住宅(住宅ローン付)と預貯金が100万円ほど こういう相続を考えてみてください。まだ小 …続きを読む

親権者と子との利益相反

遺言書を書いてもらうかどうか迷ったら絶対書いてもらうべき理由

両親もいい歳になってきて,最近ちょっと体の調子も悪いみたいなんで,私もそろそろ両親にお願いして遺言書を書いてもらおうかと思うんです。離れて暮らしている兄弟との仲もそんなに良くないし,このまま両親が亡くなったらきっと遺産相 …続きを読む

両親に遺言書を書いてもらう 書かせる

「相続させる」「遺贈する」という遺言書の違いについてお教えします

両親が作ってくれた遺言書に「相続させる」とか「遺贈する」とかいう文言を見つけることがあります。これはそれぞれどういう意味なのでしょうか。それから,遺言書に相続させると書かれている場合と,遺贈すると書かれている場合で何か違 …続きを読む

相続させる遺言と遺贈する遺言の違い

遺産に不動産が多い人は遺言書が必須であるこれだけの理由

不動産を多数所有していて,かつ推定相続人が複数人いる人は,自分の将来の相続に備えて必ず遺言書を作成するべきです。また親が不動産をたくさん持っていて,兄弟とともに相続する予定の相続人の方も,なるべく早く親に遺言書を作成して …続きを読む

地主や不動産を多数所有している人は遺言書が必要