相続大全集

親の家(住宅・家屋)には価値がある?相続税ではどのように評価されるかご説明します

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅家屋の相続税評価

将来の相続に備えて父親の財産を整理しているところです。どうやら相続税がかかるかかからないかという微妙なところなので,財産の価値をある程度正確に調べていきたいと思います。父親は持ち家に暮らしていて,土地建物が父親の所有になります。土地は路線価方式で計算するとのことですが,建物の相続税の評価はどうなるんでしょうか?中古の建物なので,価値はないのでしょうか?

相続税における財産評価のうち,父親が所有している家屋の評価はどうやって決まるのか。今日はこのことについて簡単に説明します。

家屋の相続税評価も,土地と同じく,国税庁の「財産評価基本通達」によって評価します。それによると,土地は,路線価によって決まり,路線価がない土地は,固定資産倍率方式で決まると前に説明しました。今度は家屋です。

 

家屋の相続税評価額

ズバリ,家屋は,固定資産税評価額によって評価します。つまり,毎年5月か6月に,市町村から送られてくる固定資産税の通知書の「価格」とか「評価額」の欄に記載のあるあの金額によって決まります。固定資産税評価額は,市町村民税である固定資産税の課税価格を決めるための価格ですが,相続税の評価もこれを用いましょうと,先の財産評価基本通達で指示されています。

原則として,固定資産税評価額=相続税評価額

 

貸家の場合(借家の相続税評価額)

いま「原則として」と言いました。原則があれば例外があります。仮に,父親の所有する建物が,貸家になっていたら?つまり借家に出されていたらどうでしょうか。借家として第三者に貸し出されている建物(貸家)の相続税評価はどうのように決まるのか。

借家に出されているということは,父親の所有でありながら,父親が自由に使うことができない家屋(貸家)です。自由にどころか,ほぼ利用はできません。所有はしているけれども利用はできない。つまり,当該建物の財産的価値を求めるには,所有権の価値から利用権の価値が控除されるべきです。

この点,貸家の相続税評価額は次のように決まります。

貸家の相続税評価額=固定資産税評価額*(1-借家権割合賃貸割合

借家権割合とうのが控除すべき利用権の価値です。これは,国税庁が30%と固定しています。賃貸割合というのは貸し出している部分の面積の割合です。一部貸し出しているならその部分の価値だけ控除すべきだからです。次の計算式で求めます。

賃貸割合=賃貸されている各独立部分の床面積の合計/家屋の各独立部分の床面積の合計

貸出可能な部屋面積のうち,どれだけ貸し出しに出ているか,というだけのことです。

 

家屋の周辺はどうなる?

家屋は家屋だけ評価の対象になるかといえばそうではありません。細かいところは税理士の評価に任せて,あなたは,家屋以外にも評価するものがあることだけ覚えておいてください。

家屋と構造上一体となっている設備

電気設備,ガス設備,衛生設備,給排水設備などのことで,家屋に取り付けられて,家屋と構造上一体になっているものは,家屋の価額に含めて評価します。

門・塀などの付属設備

次のとおりの算式で評価します。

相続税評価額=(当該物件の再建築価格-経過年数による減価額)*0.7

庭園設備

庭木,庭石,あずまや,庭池などのことで,次のとおり計算して評価します。

相続税評価額=調達価額*0.7

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

遺言書だけでは死後の問題が解決しない?安心できない?その理由を説明します

遺言書があれば安心? さて将来の遺産相続の紛争を避けるために遺言書を公正証書で作成しました。もうこれで安心,何も心配することはない,となるかといえば,そうとも言えません。え?そうなの?遺言書を作成すれば安心だと言われて作 …続きを読む

葬儀,納骨,永代供養,役所の手続きは死後事務委任契約で

国債とか社債にも相続税が?国債社債の相続税評価についてお教えします

父親は定年まで地方公務員として働いてきて,定年後も嘱託という形でつい先日まで仕事をしていました。しかしいよいよ隠居して老後の生活を楽しんでいるようです。父親は昔から職業柄大変堅実で,浮ついたことには一切縁のない人生でした …続きを読む

国債や社債の相続税の財産評価

遺言書の作成を司法書士など専門家に頼むメリットとデメリットをお教えします

親に遺言書を書いてもらいたいと思っているんですが,本を読んだりして自分が書いてもらうか,司法書士など法律の専門家の事務所に相談に行って作ってもらう(援助してもらう)か迷っています。考えても答えが出なくて,,親に言う前にそ …続きを読む

遺言書作成の相談は奈良王寺の明徳司法書士事務所へ

遺言書を書いてもらうかどうか迷ったら絶対書いてもらうべき理由

両親もいい歳になってきて,最近ちょっと体の調子も悪いみたいなんで,私もそろそろ両親にお願いして遺言書を書いてもらおうかと思うんです。離れて暮らしている兄弟との仲もそんなに良くないし,このまま両親が亡くなったらきっと遺産相 …続きを読む

両親に遺言書を書いてもらう 書かせる

親の家(住宅・家屋)には価値がある?相続税ではどのように評価されるかご説明します

将来の相続に備えて父親の財産を整理しているところです。どうやら相続税がかかるかかからないかという微妙なところなので,財産の価値をある程度正確に調べていきたいと思います。父親は持ち家に暮らしていて,土地建物が父親の所有にな …続きを読む

自宅家屋の相続税評価