相続大全集

親の住宅地はいくら?相続税では宅地の値段がどう評価されるか説明します

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

住宅地の相続税評価,価格

最近テレビやインターネットで相続税のことをやっているので,私も両親が亡くなったときの相続税について気になってきました。両親の財産はといえば,住宅地の自宅(土地と建物)と,銀行の預貯金,証券口座に投資信託が少しあると聞いています。うちの場合,財産的な価値が大きいのはやはり自宅の敷地だと思うので,まずは親の土地にいくらくらいの価値があるのか知りたいと思っているんですが,不動産屋さんに聞けばいいでしょうか?それとも固定資産税通知書に書いてある固定資産税評価額を見ればいいんでしょうか?相続税では,宅地の財産的な評価は何を基準に計算するんでしょうか?

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

はい。相続税における住宅地の評価方法について知りたいとのことですね。結論からお話します。相続税における宅地の財産評価は,「路線価」にもとづいて計算します。

 

不動産の価格・値段はいくつもある

いまお話したとおり,相続税を計算するうえでの不動産の価格・値段・評価は,路線価という価格を用います。では,不動産の価格の決め方には,路線価のほかに何があるんでしょうか。不動産の価格には次のようなものがあります。

  • 公示地価(国土交通省)
  • 基準地価(都道府県)
  • 路線価(国税庁(財務省))
  • 固定資産税評価額(市町村)
  • 不動産鑑定士の鑑定評価額(不動産鑑定士)
  • 取引価格・売買事例(民間のみなさんの自由決定)

 

相続税では路線価を使用する

このとおり不動産の価格はたくさんあります。それぞれ,評価する人と,評価する基準が違います。相続税の評価は,相続税という国税を算定するための財産評価なので,国税庁が定める路線価を用います。

なぜか?

路線価を用いて計算せよ,とお国が言っているからです(もっとも,路線価はそのために定めているんですが,,,)。

どこで言っているか?

路線価を用いて計算せよとは,国税庁が出している「財産評価基本通達」に書いてあり,そこで言っています。財産評価基本通達とは,相続税法の解釈運用に関する同じく国税庁の通達です。相続税法に関する財産の評価はこの通達に書いてある基準のとおりやってくれ,という現場へのお達しですね。なので,相続税の財産評価は路線価でやります。やらないといけません,,

 

相続税における宅地の評価方法

さて路線価とは,このように説明されます。
「路線価は、路線(道路)に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額(千円単位で表示しています。)のことであり、路線価が定められている地域の土地等を評価する場合に用います。」

ちょっと分かりにくいですね,,もう少し分かりやすくいうと,,

路線価とは,その土地が面しているに道路に1㎡あたりの値段を付けたようなものと捉えてください。しかし正確には,この値段は道路の値段じゃなくて,その道路に接している土地の1㎡あたりの値段であって,それが道路にふってあるんです。この道路に値段の入った地図を路線価図といって,この図面を見ながら路線価を調べるんです。土地の路線価は,この道路にふってある数値に,土地の面積を掛け合わせることで算出できます。こういう土地の価格の求め方を,「路線価方式」といいます。

路線価*宅地の面積(㎡)=相続税評価額(路線価方式)

もっとも,日本国中のすべての道路に路線価が設定されているものではありません。路線価がないところもたくさんあります。そんな土地は,その土地の固定資産税評価額に,国税庁が定める一定の倍率を乗じて,価格を算出します。こういう価格の求め方を,「倍率方式」といいます。

固定資産評価額*倍率=相続税評価(倍率方式)

 

親の宅地の相続税評価を調べる方法

じっさいにやってみます。手順はこうです。

  1. 国税庁のWEBサイトに行って路線価図から路線価を調べる。
  2. 路線価が分かれば,親の土地の平米数をかけて路線価評価を出す(土地の面積は親のお手元にある固定資産税の通知書を見てください)。

路線価がなければ

  1. 同じく国税庁のWEBサイトに評価倍率表があるので倍率を調べる。
  2. お手元の固定資産税通知書に書いてある土地の面積に倍率をかけて倍率方式による評価を出す。

これでおしまいです。

もっとも,路線価方式で土地を評価する場合,その土地の道路への面し方や土地の形状などによって,いろんな修正が必要になります。この修正により,宅地の評価額は増えたり減ったりします。なので,正確な宅地の相続税評価額を算出するには専門知識が必要です。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

生前贈与でもらうなら賃料・地代・家賃の入る収益物件から優先して!

私の親は先祖からついた不動産をいくつか所有しています。また,長年地方公務員をしていたので金融資産(預貯金と証券口座の投資信託等)もある程度持っています。親も一線を退き,いまは他人に貸している収益不動産の管理をして生活して …続きを読む

収益不動産(マンション,アパート)の生前贈与を優先して先に

小さい子が相続人になっている場合に親(親権者)が正しく遺産分けをする方法

親族関係 被相続人(亡くなった人)=45才の若いお父さん 相続人=42才のお母さんと,20歳の長男そして歳の離れた12歳の長女 遺産 住宅(住宅ローン付)と預貯金が100万円ほど こういう相続を考えてみてください。まだ小 …続きを読む

親権者と子との利益相反

先が長くない親の財産を改めて調べておくこと(調査すること)の必要性

  親の財産目録を作ることのおすすめとその作り方について   以前の記事で,親が元気なうちに,簡単でいいので,親の財産目録を作っておいた方がいいというお話をしました。作り方などもそこでお話したとおりで …続きを読む

先の長くない親の財産を調査する

法律で決まっている相続分を自分たちで変更してもいいことを知っていますか?

法律(民法)では相続があった場合に誰が相続人になるか決まっていてこれを法定相続人と呼ぶと。それから,各相続人の取り分も決まっていてこれを相続分と言うらしい,,,正確なことはよく分からないがなんとなくそんなことらしい,,と …続きを読む

法定相続分と異なる遺産分割

遺産に不動産が多い人は遺言書が必須であるこれだけの理由

不動産を多数所有していて,かつ推定相続人が複数人いる人は,自分の将来の相続に備えて必ず遺言書を作成するべきです。また親が不動産をたくさん持っていて,兄弟とともに相続する予定の相続人の方も,なるべく早く親に遺言書を作成して …続きを読む

地主や不動産を多数所有している人は遺言書が必要