相続大全集

節税対策でできること,たった二つの方法について説明します

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

節税対策は二つ

今日は相続税の節税対策というものについての基本的な考え方をお知らせします。お伝えする内容は,「節税対策でできるたった二つの事柄について」です。さてその前に,この前お話した内容の復習をします。節税対策とはそもそも何なのかということ。節税対策は,三つほどある相続対策のうちの一つです。相続対策とは以下の三つの対策をまとめた言葉です。

  • 争族対策
  • 節税対策
  • 納税資金対策

争族対策(遺言対策・遺産分割対策)とは,将来共同相続人間で遺産分けをめぐってもめないようにする対策です。今日のお題の節税対策とは,文字どおり,相続税の節約をするための対策。相続税の負担をできるだけ少なくしていこうという対策です。そして納税資金対策とは,原則として納税期限までにキャッシュで支払いが必要になる相続税をちゃんと支払えるように現金を準備するための対策のことでした。

繰り返しますが,節税対策とは,相続税を節約するための対策です。では,その,相続税を節約するためにできるたった二つのことの説明に入ります。

 

一つ目,相続税の課税財産を減らす

相続税は資産税であり,一定額以上の遺産を相続した場合に,遺産の額に応じて課税されるものです。遺産が多ければ多いほど,遺産の財産的価値が高ければ高いほど,多額かつ高率の税金を支払うことになります。ならば,遺産を減らしてやれば,当然に,税金の負担は少なくなります。つまり相続税の課税対象になる課税財産を減らすことが,節税対策の基本中の基本になります。例えばこんなことをします。

  • 法定相続人や孫に生前贈与する
  • 生命保険契約をして保険料を支払う(生命保険金の非課税枠を活用)
  • キャッシュを不動産にかえて計算上の財産的価値(相続税評価)を下げる
  • 生前にお墓を買う(祭祀財産は相続税の非課税財産)
    などなど

方法は資産税を専門にする税理士によって日々研究がされています。明徳司法書士事務所は,このような節税対策に関し,相続税に詳しい税理士と協働して,契約書を作ったり,不動産の名義変更といった登記手続を行ったりして,あなたの節税対策をお手伝いします。

 

二つ目,相続税の基礎控除を増やす

相続税は一定額を超える資産を相続した人にしかかかります。ご存知のとおり,相続税には,基礎控除という制度があり,この額を超える遺産相続等をした相続人等にしか課税されないのです。そして,基礎控除の額は,現行の相続税法においては,以下のように計算されます。

3000万円+600万円*法定相続人の数

この計算式を見れば分かりますが,基礎控除の額は,法定相続人の数に左右されます。つまり法定相続人の数が多ければ,基礎控除の額は増えます。

例えば,父親が亡くなって,母親と子供1名が法定相続人となる相続では,基礎控除の額は,4200万円です。しかし,父親が孫と養子縁組をして,法定相続人が母親と実子と養子の3名になれば,基礎控除の額は4800万円に増えます。

このとおり,孫を養子にする等の方法により相続税の基礎控除を増やすことは,直接に,相続税の節税対策に寄与するわけです。

相続対策のうち,節税対策には大きく分けて二つの方法がある。一つは課税財産を減らすこと。一つは基礎控除を増やすことです。とくに,前者の,課税財産を減らす方法はたくさんあります。節税対策は早期に着手すればするほど効果的ですので,ご興味のあるある方は,是非一度ご相談をしてみてください。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

親に決意してもらわないと節税対策(相続対策)ができないこれだけの理由

先の相続税法の改正によって,相続税の基礎控除額がかなり引き下げられました。従来なら相続税がかからかった人のうちこの法律の改正によって相続税がかかるようになる人も少なくないと思います。基礎控除額は,以下の式によって算出した …続きを読む

節税対策や相続対策は親の決意,協力,同意が必要で不可欠

ちょっと待った!安易に相続した遺産を使ってはいけない理由

現状) お父さんが急に亡くなった。お父さんは退職後にちょっとした事業をしていて,少ないかがらもいくらか財産が残っていた。多分借金はなかったと思うが,はっきりしない。友人から少し用立ててもらったという話を聞いたことがある。 …続きを読む

遺言書のとおり手続する遺言執行者は誰がどうやって決めるのかお教えします

民法1012条1項 遺言執行者は,相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。 遺言執行者という言葉を聞いたことがありますか?遺言執行者とは,文字どおり,遺言書のとおりに財産に関する手続き等を …続きを読む

遺言執行者は誰がどこでどうやって決める

法定相続人でも相続人になれない三つのケースついて説明します

法定相続人というのは,法律で,ある人が亡くなった場合に,遺産相続の相続人になると決められている人のことです(遺言があればまた別ですが,これは別のところで説明します)。 「身内の関係が近い順から相続するんでしょう?」という …続きを読む

住宅を買うときに親から贈与を受けるとダブルでおすすめな理由

もしあなたが相続税の基礎控除額を超えるような資産を所有していて,かつキャッシュに余裕があるなら,子供が住宅を買うときに資金を贈与してあげてください(家を買ってあげる)。 もしあなたの親に相続税の基礎控除額を超えるような資 …続きを読む

住宅購入時に親から贈与を受けると贈与税や相続税がお得